『天気の子』予報を観て

先日公開された新海誠監督最新作『天気の子』の予報第二弾。キャッチーな見せ方を取り入れつつ、楽曲に同期していくカッティング、添えられるモチーフの数々など節々に新海監督らしさを感じられたのがとても良く、胸を打たれました。『言の葉の庭』で深く掘り下げられた “雨” という題材。モチーフとしてはこれまでも数多く監督作で描かれてきたものですが、それを晴らすことに重さを置いていたような映像美がとても印象に残りました。暗過ぎず、前向きな輝きを捉え描いていたのも特徴的で、登場人物たちの背中を押すような光の趣きが新しい新海監督の一面を覗かせているようにも感じられます。

f:id:shirooo105:20190601010648g:plain*1

ですが、そんな中一際これまでの作品たちがフラッシュバックしていくカットがあったことは私にとって非常に感慨深いものでした。それがこのバックショット。走る主人公の背を追い掛けていくカットですが、本作の大きな要素の一つであろう巨大な雲を目掛け走っていく様は、まさしく新海監督が描き続けてきた “届かないものに手を伸ばす姿” の美しさそのものだったと言えるはずです。3Dによる背景動画、走るという動きにより前へ進んでいると感じられる前景と、その奥で微動だにせずそびえ立つ大きな雲。こういったレイアウト・対比が決まっているからこそ、このカット一つにさえ物語が宿り、感傷性が帯びていくのはまさしく監督の “らしさ” だと感じます。

f:id:shirooo105:20190602091828g:plain

特に、一番重なったのは『ef -the latter tale』OPムービーのこのカットでした。届かないものを追い掛けようとする少年少女たちの青春性をワンカットで示す新海監督の巧さにはやはり何度でも唸らされてしまうものがあります。『天気の子』という作品名を聞いた時に一番最初に思い浮かんだ映像が『ef -the latter tale』でもあったのですが、雨が晴れ、差し込む光を望み駆けていく姿を前にしてはやはり思い浮かべずにはいられませんでした。

f:id:shirooo105:20190602094840p:plainf:id:shirooo105:20190602095608p:plainf:id:shirooo105:20190602093428p:plain

f:id:shirooo105:20190602093200p:plainf:id:shirooo105:20190602093452p:plainf:id:shirooo105:20190602095650p:plain

ロングかつバックショットに宿る感傷性も同じことです。どこまでもモノローグの物語であった氏の作品にとって登場人物の背を離れた位置からそっと見つめるよう映していくスタンスは非常に掛けがえのないものになっていました。奥行きがあり広がる遠景、またはその空間とその広大さに対比される個の小ささ (抗いようのなさ) は、それでも尚 “夢” に立ち向かう人間の美しさを雄弁に語るようで、だからこそ私は新海監督の映像というものにここまで恋焦がれてしまったのかも知れません。

 

そういった物語の方向性が出会いに主軸を置き、ダイアローグの物語へと移ろいでいったことは新海監督の変化でもあったのだと思いますが、突き詰めればどこまでも個のミクロな視点に帰っていくことが出来るのはやはり新海誠という作家性の強みなのだと思います。そういったことを今回予報で描かれたワンカットから改めて “感じられた” ことは、自分にとって途方もなく大きく、大切で、喜びそのものでした。

f:id:shirooo105:20190602100303p:plainf:id:shirooo105:20190602100357p:plain

なにより “雲” というモチーフ、それを遠望するファーストカットからこの作品の前風景として『雲のむこう、約束の場所』を視てしまうのは、もうどうしようもないことのだと思います。『君の名は。』でも描かれた逆光と再会、そして別れ。『天気の子』に至っては陽菜がなにを想いあの焼ける夕景を望んでいたのかを今は知る術がありませんが、このビジュアルに胸を焦がすことが出来るのは “予告を観た今だからこその特権” なのだと思います。

 

レンズフレアに込められた新海監督の祈り、世界の祝福が、彼・彼女らにどう降り注ぎどういった結末を迎えるのか。今はそれをただただ楽しみに残された約二ヶ月を待ちたいと思います。本当に楽しみで仕方ありません。

小説 天気の子 (角川文庫)

小説 天気の子 (角川文庫)

 

*1:サムネ画像参考

f:id:shirooo105:20190602101852p:plain

劇場版『若おかみは小学生!』の芝居・身体性について

表情変化や歩き芝居に始まり、抱き寄せる芝居、ものを運ぶ芝居、屈む芝居、掃除をする芝居など、おおよそ生活の中で見られるであろうアニメーションを徹底して描き出した今作。日々人が営む中で起こす動きを描くというのは非常に難しいことですが、それを終始高いレベルでここまで快活に描いていたことにとても驚かされました。加えて、そういった数多くの芝居が物語に寄与していたものは計り知れず、鑑賞後はこの作品が劇場アニメとしてのスケールでTV版とは別に作られた意味を思い知らされたようでした。*1

f:id:shirooo105:20180921220748g:plainf:id:shirooo105:20180921220823g:plain

なぜなら、両親を失くし、祖母に引き取られた先で若女将として経験を積んでいく主人公のおっこがその過程で見せた懸命さも、失敗も、時に見せる子供らしい表情もその全てがとても生き生きと表現されていたからです。着物のシルエットや姿勢、いわゆるフォルムとその動かし方や、それらを内包した生活アニメーションの巧さは前述した通り本当に素晴らしかったのですが、そこに描かれていたのは着物ならではの緻密さや人間的な芝居の表現だけでは決してありませんでした。おっこのハツラツとした性格、強さ、感情の豊かさ、そして成長。そういった目だけでは観察することの出来ないおっこが持つ人間味を描いていたこともまた素晴らしく、だからこそこの作品においてはそういった芝居の積み重ねが一つの物語になっていたと強く感じられるのです。

 

コミカルな芝居も、夢で両親に甘える芝居も、ハキハキと働く芝居も。その全てがおっこという一人の少女を描き、象っていくということ。そしてそれが緻密に、丁寧に表現されていくことで実在感が生まれ、こうして鑑賞を終えた今も尚 “春の屋で駆け回るおっこや取り巻く人々の姿を想像させてくれる” ことに本作で描かれたアニメーションの強さはあるのだと思います。美術や構図・レイアウトの素晴らしさに緻密な芝居が乗り、感情や人物像が込められていく。大袈裟な言い方をすれば、まるでそれは彼女たちがそこに生きた証を記すようで、物語の節々、カットの一つ一つに感傷や喜びを感じずにはいられませんでした。

f:id:shirooo105:20180921225650g:plainf:id:shirooo105:20180921225725g:plain

また、彼女を取り巻く人々の芝居として素晴らしかったのはおっこにだけ見える幽霊たちの存在とその描き方でした。ウリ坊、美陽、鈴鬼と三人の人ならざる者が本作では登場しますが、特にウリ坊と美陽における芝居は彼女たちが幽霊であることを忘れてしまう程に生命力に溢れていました。ふわっと漂う芝居やものの中を通過していく表現は時におっこたちとは違う存在であることを実感させますが、駆け回ったりおっこの手伝いをしたり、一緒に笑ったり泣いたりする彼女たちは打って変わり、おっことなんら変わりない少年少女の快活さをもって描かれていたように思います。それは彼女・彼らにとっての身体性の獲得であり、本作が二人を人間として (或いはおっこの良き友人として) 描こうとしたことの証左に他ならないはずです。

 

もちろん、身体性という意味ではおっこについても同様ではありますが、元々が既に命を持つ者ではなかった分、よりそういった芝居作画からは二人の存在というものを強く感じ取れたように思います。特にその身体性が強く描かれていたラストシーンの神楽はとても感動的でした。舞い踊るおっこと真月の横で一緒になって踊るウリ坊、美陽の姿はもはやおっこたちとなんら変わらず、垣根などない “生者と変わりのない存在” として描かれていたとすら感じられたからです。四人の動きに (人間と幽霊としての) 差をつけず、一人一人の芝居を力強く描いたこと。まただからこそ「まるでウリ坊と美陽が実体を持ったかのようだ」と思えたこと。それはきっとおっこたちが過ごした時間とその中で培った “実り (関係性や成長)” を本作が大切に描こうとしていたことと、きっと密接に繋がっているはずです。

 

そういった物語の流れ、登場人物たちの変化や成長を今回のような芝居・作画をもって多く描いてくれたことが本当に素晴らしく、感動しました。生活を描くこと、感情を描くこと、性格や身体性を描くこと。そういった描写の一つ一つが連綿と繋がることで彼女たちが “そこに居る” と感じられる。その感動と喜びはとても大きく、あらゆる面を作画面からも力強くアプローチした本作*2はきっとこれからも胸の奥に焼きつき、離れないのだろうと思います。そう確信出来るほどに素晴らしい映画でしたし、心からこの映画に出会えてよかったと今は感じられています。TV版はまだ最終回を迎えていませんが、一先ずこの作品に関わられた方々には心から感謝を。本当にありがとうございました。おそらくもう何度かは劇場へ足を運ぶことになりそうです。*3*4

若おかみは小学生!  Vol.1 [DVD]

若おかみは小学生! Vol.1 [DVD]

 

*1:それはTV版と劇場版のどちらが良いか、などといった話では決してなく

*2:もちろん、作画面だけではなく、音楽、美術、撮影、それらを統括する演出などそのどれもが素晴らしかったのは前提として注釈しておきます

*3:記事中で使われている参考資料(GIF)は全てTVアニメ『若おかみは小学生!』ED内にて使われたもの

*4:サムネ参考画像:

f:id:shirooo105:20180922013657p:plain

『リズと青い鳥』鎧塚みぞれの仕草、掴むことについて

f:id:shirooo105:20180428190249p:plainf:id:shirooo105:20180501224921p:plain

みぞれが髪を掴む仕草が描かれたのは、劇中でおそらく9回程*1だったでしょうか。寡黙にして映像*2で語ることが主体とされた本作にあって、彼女のこの癖は強く印象に残り、決して多くを語ろうとはしないみぞれ自身の感情を映すものとして重要な役割を果たしていました。足や手の芝居、瞼、眼球の動きにまで心情の変遷・動きを仮託していた今作ですが、冒頭から終盤まで物語の転換点となる場面で描かれたこの癖はその中でも特に強調されていたように思います。

 

ただその仕草が具体的にどういった感情を代弁していたのか、ということまではハッキリとは分からず、むしろその描き分けはぼんやりと感情の輪郭を描くに過ぎませんでした。なにかを言い淀むように髪に触れ、掴み、心の中に留める仕草。それは明確な心情が芝居から滲み出る類のものではなく、“なにかしらの感情・言葉を心の内側に抱いている” と感じ取ることが出来る “だけ” の芝居であり、そんな大枠の感情をぼんやりと映すためのものとしてその癖は描かれていたはずです。だからこそ、それはさながら “自身の内に籠る気持ちを掴もう (確かめよう) とするため” の仕草としても映り、みぞれ自身が内に秘めた想いや言葉にしがたい感情を一つずつ咀嚼していく*3ための行為としても描かれていたのでしょう。

 

その中でも、特に印象に残っているのはフルートに反射した光がみぞれに当たるシーンです。「希美は私の全部だから」*4と語るみぞれにとっては、自らを照らしてくれるあの光と手を振る希美の姿こそがそう語る理由そのものだったのでしょう。本作において随一と言いたくなるくらいにエモーショナルな光景でしたが、それも一転、窓際から希美が去ってしまうと同時に世界は色褪せ、みぞれの心を暗く染め上げるよう画面の明度が低下していきます。そして映されるのはどこか悲し気なみぞれの背中とそっと添えられた “あの仕草” でした。その行為が不安を表していたのか、寂しさを表していたのかは今となっても定かではありませんが、それでもあの時、みぞれは “希美が去った世界の中で芽生えた言葉にはしがたい感情” を強く感じていたのでしょう。

 

まただからこそ、彼女は自らの髪を掴むのです。心にそっと手を当てるように。大切にしたい “なにか” が零れないように。心の内にあるものの正体を探り、確かめるように。それはあの癖が描かれた多くのシーンに目を向けても大よそ同様に感じることのできた印象であり、むしろ本作は芝居や動きで繊細に感情を表現していく一方、その感情が “明確にどういったものであるか” ということに対しては時に遠い視線をも持っていたように感じるのです。そしてそれは希美とみぞれの感情を描くに際し、二人の心の全てを見せてしまわないための描写として物語の節々に使われていたはずです。言うなれば、それは「彼女たち自身にすらその感情に名前を付けられない時がある」のだということ。「誰にも知られたくない想いがある」のだということ。そんな不透明な感情と直情的なものの揺れ幅をしっかりと分かった上で、本作は彼女たち二人の自然体をただひたすらにファインダーの中へ収めていくのです。それは山田尚子監督が本作に寄せたインタビューを読んでも同じように読み取ることの出来る『リズと青い鳥』の主題の一つでもあったはずです。*5

f:id:shirooo105:20180430232949p:plainf:id:shirooo105:20180430233025p:plain

ただ終盤で描かれた希美に対するみぞれの芝居に関してはそれとはまた真逆の印象を受けたのも事実です。なぜなら、あの場で希美と対峙した際にはもう心を探りぼかすような “あの癖” や、アンニュイな表情が見られなくなっていたからです。自らを鼓舞するような力の込もり、皺の入り、感情的な表情。そして、みぞれにとっては勇気を振り絞って言ったであろう「希美はいつも勝手」という棘のある言葉。そんな彼女の言動の果てに見えてきたのは、これまでとは違い “みぞれの中に確かな想いと言葉が浮かび上がっていた” ということでした。

 

髪を掴み、アンニュイな表情を見せながら不透明なものを滲ませていたそれまでとは別の強い感情を滲ませる芝居と感情の吐露。それこそこの場面では、これまで描かれた癖の代わりとばかりにスカートを掴むみぞれの姿が映し出されます。おそらく同じ “掴む” 芝居でありながら真逆の感情表現を見せることで、彼女の心情の変遷をそこに描き出してくれていたのでしょう。言葉に出来なかったものから、言葉にしたいことへ。それはオーボエをみぞれが “向き合って” 吹けるようになるまでの様子を本作が繊細に切り取ってきたことと同じように、そんな微々たる変化こそがきっとこの物語では何よりも大切なことであったはずなのです。それを非常に繊細な芝居・仕草で表現しつつ、ことみぞれにおいては “掴む” という一つの行動に集約していくその流れは、言ってしまえば言外で多くの情動を語る本作の象徴そのものでした。

 

それも、髪からスカートへーー。そして遂には希美自身を掴んでいく*6行動の流れはその力の入れようも含め、途方もなく雄弁でした。もちろん、その先でみぞれが希美から引き出した「みぞれのオーボエが好き」という言葉は彼女にとってどれだけ幸福に足るものだったのかは分かりません。互いが互いの好きなところを言い合った際の反応はそれこそ “不透明な感情を滲ませた、遠い視線を持つ感情描写” そのものだったからです。けれど、その言葉を受けたみぞれが 「オーボエを続ける」と返せたのは、単衣に彼女がその理由をあの瞬間に “掴んだ” からに他ならないはずです。それは希美がみぞれに向け「みぞれのオーボエを支えられるように」と語り掛けたことと同じように。もどかしく言葉に出来ない感情が言葉になっていく過程 (芝居が次第に感情の明瞭さを帯びていく様子) もまた彼女たちにとっては大切な “成長の瞬間” なのでしょう。

 

曖昧な感情や表情、芝居、癖。心にそっと手を当てるよう、確かめるように “なにか” を掴んでいたその手が、一歩を踏み出すに足る明確な理由を “一つ” 掴むまでの物語。私は『リズと青い鳥』という二人の少女の青春記をそう解釈していますし、そう解釈できるだけの芝居と感情の変遷を繊細に描いてくれた本作を今はとても大切に感じています。願わくば二人の未来に少しでも幸せな瞬間 (Joint) が訪れることを祈って。本当にありがとうございました。

映画『リズと青い鳥』ED主題歌「Songbirds」

映画『リズと青い鳥』ED主題歌「Songbirds」

 

*1:・希美が羽根を拾い上げた冒頭

・拾い上げた羽を譲られた際

・優子が部長の挨拶を終えた時

・希美が放課後はパートの子たちと集まると告げた時

・進路希望を白紙で出したことを担任から追及された時

・向かいの教室に居る希美と一時を過ごした後

・新山先生から音大進学への薦めを受ける前

・優子、夏紀、希美と音楽室で進路について話していた時

・麗奈から「希美と合っていないのでは」と言われた時

※鑑賞時の記憶のため一部誤り・抜けがあるかも知れないため、随時追記予定

*2:主に芝居やレイアウトなど

*3:この表現が適切かは分かりませんが

*4:本編台詞からのニュアンス

*5:参考記事:以下参照

リズと青い鳥』で映し出しているのは、みぞれと希美という2人の秘密事なんです。2人からしたらあまり人には見せたくないものなんじゃないかと

『リズと青い鳥』山田尚子×武田綾乃 対談 少女たちの緊迫感はいかにして描かれたか - KAI-YOU.net

 説明できない思いが、動作に表れることがあると思うんですね。観てくださる方に、彼女たちの口から出てくることばが「正解だ」と思われたくなかった

「リズと青い鳥」山田尚子監督「彼女たちの言葉だけが正解だと思われたくなかった」|Zing!

 作り手側から視聴者に「こうです」と説明しないようにするっていうか、嘘がないように。彼女たちの尊厳を守るというのを大事に

「リズと青い鳥」山田尚子監督インタビュー - アキバ総研

*6:抱きついていく