『天気の子』予報を観て

先日公開された新海誠監督最新作『天気の子』の予報第二弾。キャッチーな見せ方を取り入れつつ、楽曲に同期していくカッティング、添えられるモチーフの数々など節々に新海監督らしさを感じられたのがとても良く、胸を打たれました。『言の葉の庭』で深く掘り下げられた “雨” という題材。モチーフとしてはこれまでも数多く監督作で描かれてきたものですが、それを晴らすことに重さを置いていたような映像美がとても印象に残りました。暗過ぎず、前向きな輝きを捉え描いていたのも特徴的で、登場人物たちの背中を押すような光の趣きが新しい新海監督の一面を覗かせているようにも感じられます。

f:id:shirooo105:20190601010648g:plain*1

ですが、そんな中一際これまでの作品たちがフラッシュバックしていくカットがあったことは私にとって非常に感慨深いものでした。それがこのバックショット。走る主人公の背を追い掛けていくカットですが、本作の大きな要素の一つであろう巨大な雲を目掛け走っていく様は、まさしく新海監督が描き続けてきた “届かないものに手を伸ばす姿” の美しさそのものだったと言えるはずです。3Dによる背景動画、走るという動きにより前へ進んでいると感じられる前景と、その奥で微動だにせずそびえ立つ大きな雲。こういったレイアウト・対比が決まっているからこそ、このカット一つにさえ物語が宿り、感傷性が帯びていくのはまさしく監督の “らしさ” だと感じます。

f:id:shirooo105:20190602091828g:plain

特に、一番重なったのは『ef -the latter tale』OPムービーのこのカットでした。届かないものを追い掛けようとする少年少女たちの青春性をワンカットで示す新海監督の巧さにはやはり何度でも唸らされてしまうものがあります。『天気の子』という作品名を聞いた時に一番最初に思い浮かんだ映像が『ef -the latter tale』でもあったのですが、雨が晴れ、差し込む光を望み駆けていく姿を前にしてはやはり思い浮かべずにはいられませんでした。

f:id:shirooo105:20190602094840p:plainf:id:shirooo105:20190602095608p:plainf:id:shirooo105:20190602093428p:plain

f:id:shirooo105:20190602093200p:plainf:id:shirooo105:20190602093452p:plainf:id:shirooo105:20190602095650p:plain

ロングかつバックショットに宿る感傷性も同じことです。どこまでもモノローグの物語であった氏の作品にとって登場人物の背を離れた位置からそっと見つめるよう映していくスタンスは非常に掛けがえのないものになっていました。奥行きがあり広がる遠景、またはその空間とその広大さに対比される個の小ささ (抗いようのなさ) は、それでも尚 “夢” に立ち向かう人間の美しさを雄弁に語るようで、だからこそ私は新海監督の映像というものにここまで恋焦がれてしまったのかも知れません。

 

そういった物語の方向性が出会いに主軸を置き、ダイアローグの物語へと移ろいでいったことは新海監督の変化でもあったのだと思いますが、突き詰めればどこまでも個のミクロな視点に帰っていくことが出来るのはやはり新海誠という作家性の強みなのだと思います。そういったことを今回予報で描かれたワンカットから改めて “感じられた” ことは、自分にとって途方もなく大きく、大切で、喜びそのものでした。

f:id:shirooo105:20190602100303p:plainf:id:shirooo105:20190602100357p:plain

なにより “雲” というモチーフ、それを遠望するファーストカットからこの作品の前風景として『雲のむこう、約束の場所』を視てしまうのは、もうどうしようもないことのだと思います。『君の名は。』でも描かれた逆光と再会、そして別れ。『天気の子』に至っては陽菜がなにを想いあの焼ける夕景を望んでいたのかを今は知る術がありませんが、このビジュアルに胸を焦がすことが出来るのは “予告を観た今だからこその特権” なのだと思います。

 

レンズフレアに込められた新海監督の祈り、世界の祝福が、彼・彼女らにどう降り注ぎどういった結末を迎えるのか。今はそれをただただ楽しみに残された約二ヶ月を待ちたいと思います。本当に楽しみで仕方ありません。

小説 天気の子 (角川文庫)

小説 天気の子 (角川文庫)

 

*1:サムネ画像参考

f:id:shirooo105:20190602101852p:plain

桜庭ローラというアイドルの像と轍(かたちとわだち)、『アイカツスターズ!』86話について

『涙の数だけ』。このサブタイトルが示していた通り今回もローラにとっては厳しい結果となったアイドルフェス。決して順風満帆とは言えない彼女のアイカツ人生には辛く険しい道のりも多く、ここぞという場面で勝者の後塵を喫してきたその軌跡が度々涙に濡れてしまうことは少なくありませんでした。

f:id:shirooo105:20171219181455p:plainf:id:shirooo105:20171219181414p:plain

もちろん元来、彼女は強い人なんです。「面白いじゃない!」なんて言葉を発破に気持ちを上げることのできる人柄や熱意もありますし、これまでと同じ様に今回だって最終トーナメントに残るため勝負を賭けていたわけです。けれど計り知れない壁が相手となれば怯んでしまうのも仕方がなく、エルザがフェスに参加することを知るや否や彼女の熱とそれを捉えていた画面はすっと輝きを失ってしまったようでした。それも熱意が失われていくが如くローラの高揚を映し出していた光は消え、彼女に当てられていたスポットライトはその所在をも隠してしまった。迷いや、惑い。「なんでまた私が」。そんな思いすら感じさせる表情も垣間見れ、もはや「またか」という思いが去来してしまうのは仕方のないことだったのでしょう。

 

またローラは負けるのか。またローラが辛い思いをしなければいけないのか。そんな鬱屈とした感情がシーンを覆い、彼女の行く末を分からなくさせてしまう。たったワンシーンではありますが、それほどまでに真昼がローラにエルザの参加を伝えた際の空気感には残酷でいて、とても冷たい印象があったのです。

f:id:shirooo105:20171219183826p:plainf:id:shirooo105:20171219183909p:plainf:id:shirooo105:20171219194149p:plain

でも、先程も言ったように彼女は本当に強い人なんです。精一杯悔しがれて、精一杯足掻くことだって出来る。そんな弱さを跳ね除ける強さを彼女は持っているんです。だからこそ、時折り悩み立ち止まることはあっても、彼女は今の自分になにが必要なのかということに気づくことが出来る。

 

今回の話で言えばそれは「逃げない」ということであり、「弱い自分に勝つ」ということでした。そしてそこに辿り着くまで彼女はがむしゃらに走り続けた。「負けたくない」ということが原動力ではあったけれど、それが出会いに繋がり、共感に繋がり、気づきにまで繋がった。なにより、それはローラがあの日、あの時、あの瞬間に走ることを止めない選択を取ったからこその結果に他ならなかったはずです。誰かの言葉を介して手に入れた “自分自身に負けないように” という気づき”ではあったけれど、それは他でもない彼女だから手に入れることのできた応えであり目標そのもの。まただからこそ、そんな軌跡の途中に輝きは再度点在していたのでしょう。失われたはずの陽の光、熱意が再燃していくように逆光で彩られる彼女たちの姿はまさに彼女の目指すべき光とその灯(ともしび)を象徴していたように思います。

f:id:shirooo105:20171219195332p:plainf:id:shirooo105:20171219195656p:plain

そしてその光は “自分自身に負けなかった” 彼女への祝福へとやがて姿を変え、再びアイドルとして立つ桜庭ローラを照らしてくれました。ステージで正々堂々とぶつかり輝いた彼女の元へ送られたスポットライト。悔しいと泣ける心をまるで美しいと形容するように背を照らす光、逆光、透過光。精一杯足掻くことも、精一杯泣けることも強さなのだと語るように。そしてこれこそが桜庭ローラというアイドルの像(かたち) なのだと、その全てを映し込むように。

f:id:shirooo105:20171219201832p:plainf:id:shirooo105:20171219202035p:plain

また、そんな彼女の姿勢やアイドルとしての強さを好きだと言ってくれる人がいる。励まされていると語ってくれる人が居る。それは紛れもなく、ローラ自身が歩んできた道のりとアイドル活動の賜物に他なりません。だから彼女をまた応援したいと思えるし、こんなにも桜庭ローラというアイドルのことを好きになれる。ゆめがローラを傍で支え続けたのもおそらくはそういうことなのだと思いますし、なによりそれは、彼女のアイドルとして辿ってきた軌跡が私たちファンの心に轍(わだち)となって残っている、ということでもあるのだと思います。弱さも強さも、全部含めて。

f:id:shirooo105:20171219203916p:plainf:id:shirooo105:20171219204039p:plain

そして、最後にローラはこう言ってくれました。「でも、これが最後じゃない。まだまだもっと先がある。私がアイドルである限り」。その横顔はまるで綾乃さんのように輝いていて、先を見据えていて、真っ直ぐ前を見つめていました。私もローラがステージを降りるまではずっとその姿を見届けていたいなと、そう改めて思えましたし、今後の物語でもまだまだアイドル『桜庭ローラ』に轍を残してもらえるんだと思えたことに強い嬉しさを感じられた話だったと思います。

 

演出は安藤尚也さん。62話といい、ローラのキーエピソードを続けて担当して下さったことに感謝したいです。光と陰、レイアウト。本当に素晴らしい演出だったと思います。あと『Miracle Force Magic』は本当に良い楽曲ですね。ローラが歌っていることも含め、大好きです。

TVアニメ/データカードダス『アイカツスターズ!』挿入歌シングル1「ハルコレ」

TVアニメ/データカードダス『アイカツスターズ!』挿入歌シングル1「ハルコレ」

 

フールズ・ゴールドと物語、そして人 『Re:CREATORS』を語る

f:id:shirooo105:20170910181823p:plainf:id:shirooo105:20170910181805p:plain

本物の黄金と酷似した鉱石、フールズ・ゴールド。これを気に入っている、と語ったのは本作の登場人物である築城院真鍳ですが彼女はその理由を次のように語っていました。

「私がこれを気に入っているのはね… 欲をかいて一喜一憂、こんな “くだらないもの” のために死んだり生きたり争ったりするのが見てて幸せ感じる瞬間なわけなの。それはね、本物の黄金で死んだり生きたりするよりも、もう一つ輪をかけて頭が悪いじゃん。超笑えるよね… それが人。それこそ人。私はだから人が好き。」

姿形が似ているからと言って黄金の価値に似通った価値がこの鉱石に生まれるのはつまらない、そんなことは求めていないし、どうでもいいんだと語った彼女らしい結論。変化や面白いことを優先する真鍳にとって、ありのままに美しいだけの価値なんてないも同然で、だからこそそ彼女は何かしらの可能性を秘めた “偽物” が放つそれ特有の輝きにこそ強く惹かれていたのだと思います。もちろん言葉通り、そうした偽物の輝きに吊られ魅了される人々の喜怒哀楽も含め、あるがままのものではなく “本来なら価値のないものに対しそれ以上の価値を見出す人々の業” を彼女は面白いと表現し、深く愛していたのでしょう。

 

そしてそれは、フールズ・ゴールドのことだけを指して語られたものでは決してないのだとも思います。偽物、虚構、現実との対比。それは物語です。数知れないこの世界に溢れる創作物とその中で紡がれた物語は、きっと真鍳の言う “偽物(空想)” に他ならず、それはどれだけ現実に根差した話であっても、誰かの視界/フィルターを通すことで脚色され、物語へと変化していく。それが例え誰かの人生であっても、そこに物語を綴るための想像の余地が生まれれば全ては “真実に近い偽物” の物語になってしまう。それは自分の人生を他の人が語った時、どこかに語り部のバイアスがかかり少なからず別の物語になってしまうことと同じなのだと思います。

 

でも、だからこそ “物語” は面白い。それは人の数だけ存在するものだから。読み手や書き手によって辿る軌跡は変遷し、たった一つのボタンの掛け違いで丸っ切り違う物語になったりもする。それはセレジアが自分の物語を自分自身で変えたように。アリスが自らの意思で戦うことを決めたように。マミカがそれでも「助けたい」と語ったように。物語は最初から真実が決まっているわけではなく、そこに関わる人々の感情、情熱、あらゆる想いで姿(結末)を変える。まただからこそぶつかりもする。物語が空想の産物であるからこそ、人の数だけ存在するからこそ、自分の物語を肯定しようと人は想いを賭して、争う。そしてそれはこの作品の中で奔走し続けたすべての登場人物・クリエイターたちにとっても同じことであったはずです。なぜなら、彼ら・彼女たちの作品に向けた情動は紛れもなく真鍳の語った「輪をかけて頭の悪い “愛すべき人”」 の生き様であったはずだからです。創作者も。キャラクターたちも。蓋を開けて見なければ分からない物語なんて曖昧なものに命や誇りを賭けて戦った。だからこそ、その姿は尊いのだと。だからこそ物語は面白いのだと。そんな物語賛歌、創作賛歌としても真鍳のあの言葉は捉えられたはずです。“そんなもの” に必死になれる愚かな人々に向けた賛歌。それこそが彼女の価値観であり、なによりこの作品が描き続けてきたことなのだと思います。

f:id:shirooo105:20170910220919p:plainf:id:shirooo105:20170910220937p:plain

特にアルタイルはそんな典型的な “愛すべき人” であり “クリエイター” の姿そのものであったとも言えるはずです。自らを産み落としてくれた創作者セツナの人生。その背景に向けた恨みや悔恨を力にここまで必死の抵抗を続けてきたアルタイルは、だからこそ自身の作り上げたシナリオ・物語で、酷く絶望的なこの世界を消し去ろうとした。「あなたを苦しめた物語を許せなかった」というあの言葉通りに。それは傍から見ればとても危険で傍若無人な話でしかないのかも知れないけれど、彼女にしてみれば大好きな人の存在価値を掛けた決死の創作でもあったはずです。むしろ創作は自分の好きなように物語や世界を描けるからこそ創作足り得るわけで、そう思えばアルタイルのやろうとしたことだって正しくはなくとも、間違ってはいなかったはずです。颯太が島崎由那の人生を元に二次創作を生み出し、あの世界に創作物としてのセツナを顕現させたのもまた同じことです。自らの過ちや、後悔、責念。そしてセツナと同じ場所に立ちたかったという夢、切望。それらのなにが正しくて、間違っているかなんてことは誰かが決めれることではないけれど、それでも人は不確かな妄想や想像、自己を実現せずにはいられない。だって “そんなくだらないことのために一喜一憂、死んだり生きたり争ったりするのが人” なのだから。創作のために。自分のために。この物語を知ってくれる “誰か” のために。

f:id:shirooo105:20170911180111p:plainf:id:shirooo105:20170911181323p:plain

これはそんな願いと情熱、想いを掛けた物語であり、その物語のぶつかり合いの果てを見据える話でもあるのだと、今回の21話を観て考えさせられました。またそうした物語(自己)同士の衝突の果てに新たな物語が生まれることも、この作品は描いてくれました。颯太とアルタイルの創作・物語のぶつかり合い。その果てにアルタイルの “あの選択” が生まれたのなら、それはとても素敵なことであったように思えます。「死んだ人は戻ってこない」その言葉通り進んでしまった物語を巻き戻すことはできないけれど、でもだからこそ、人は新たな可能性を求めて道を進み続ける。そうすれば、いつかきっと奇跡だって起きるのかも知れない。アルタイルが夢にも思わなかったであろうセツナとの逃避行は、そんな創作の可能性を見せてくれた一つの輝きであったように思います。それが例え、本物のセツナではなかったとしても。

 

不可逆な本物の黄金の世界(現実)では成し得なかった、虚構だからこその可能性。死が確定した世界の枠の外で行われた創作の浪漫。周到に用意された舞台においても、結局は颯太と真鍳の奇跡がことを収束に向かわせたように、物語はだからこそ面白いのだと。少なくとも私はそういった奇跡や浪漫が好きですし、そんな数多くの物語たちにこれまで何度も救われてきました。現実の替わりに虚構を愛しているわけじゃない。なにかを埋めるために物語を愛しているわけでもない。虚構だからこそ、物語だからこそ。

「情熱と切望と、悪い願いも良い願いも全部そんな衝動の中に含まれて、そして物語は誰かの心に根差して、その人の世界を変える」

私にとっては、そうアルタイルが語ってくれたことが全てです。もちろん、そうやって物語を信じ続ける私も、真鍳に言わせれば 「輪をかけて頭の悪い人」 なのかも知れませんが、それでいいのでしょう。そんな物語賛歌を描いてくれた『Re:CREATORS』はとても素敵な作品だったと思いますし、創作と物語への想いを恥ずかしげもなく描いてくれたことにはとても感謝しています。アルタイルやあらゆる創作・物語を否定せず、救ってくれたことも含め。この作品が描いた創作・物語への寛容さと厳しさはとても胸に沁みるものでした。