『響け!ユーフォニアム』 5話の演出について

響け!ユーフォニアム』5話が本当に素晴らしく今日に至るまで擦り切れるくらい観返したわけですが、中でもBパートから終盤までの流れが本当に最高で、観終えた後には必ずと言っていいほど深い溜息を突いてしまうくらいでした。

まず、久美子の主人公足る風格がとても素晴らしい。特に大きな目標があるわけでも壮大な夢を掲げているわけでもない彼女ですが、その足捌きが少しずつはやり、前へ前へと進んでいく様子は観ていて強く胸を打たれるものがありました。自らを振りだしに戻そうと思案していた1話とは真逆に、一つの流れの中に身は置きつつもその舵だけは自らの手で動かそうとする能動的な所作。それこそ先輩が部活を放棄していた中にあって、自身においては自らの意思で吹奏楽と向き合い続けてきた彼女です。


“なんとしても吹奏楽部としてやり直したいわけではなかった” あの日の心情が、なんとなく、曖昧ながらも、進んでいけるのなら進んでみよう、踏み出したのなら前を見据え歩いて行こうと変貌を遂げていくその姿はもはや青春の代名詞そのものと呼んでも決して過言ではないように思えました。

まただからこそ、彼女を過去へと引き戻そうとする旧友に吊られることもなく、久美子は “この場所” に踏み留まることが出来たのでしょうし、また此処から新たなスタートを切ることも出来たのではないでしょうか。

それこそ、まだ明確な決意を胸に秘めることの出来ていない彼女ではありますが、「私が向かう場所が “そこでない” ことだけは知っている」とばかりに迷うことなく走り去る久美子の姿と、そうして上手から下手へと抜ける “正しさ” はそれだけで彼女の軸の強さを証明していたようにも思えました。またそれは「特に意味ないんだけどね。私が北宇治を選んだ理由」と前置きした上で語られたあの真っ直ぐな視線とも同義である “強さ” に他ならなかったのだと思います。姉がブラスバンドをやっていたからとか、友人に吹奏楽へ誘われたからとか。そうした理由づけを全部置き去りにした上で、改めて彼女が自らの意思で走り出すことの意味と意義。


むしろそこにこそこの作品が語ろうとしている青春は凝縮されていたのでしょうし、作中においても幾度となくつかわれた「新しく」「最初から」という台詞もようはそこにこそ掛けられた言葉なのだと私には思えてならなかったのです。誰かのためじゃなく、誰かの後を追うわけでも決してない。自分の足で進むということ。自らの瞳にこの世界を映すということ。ダメ金で十分だとどこか諦観していた自分を捨て、誰に動かされるわけでもない “私” という一つの輪郭を獲得するということ。むしろそうしたコンセプトはきっとこの作品が一番大切にしているものであった筈なのです。

まただからこそ、遠く彼女を捉えたカメラがこの世界の広さを映すよう少しづつその位置を後退させれば、それはパレードを終えた瞬間に彼女が少しだけ成長を遂げたことの証左とも捉えられる演出として我々の心に明確なメッセージを刻み込んでくれたように思います。


鮮明に何かが見えたわけではないし、音を立て何かが劇的に変化したわけでもないけれど、それでも “何か” は掴めたような気がするし、少しだけ自分の中の価値観や世界観が広がったように感じられる、つまりはそうしたプレリュードにこの挿話は満ちていたのだということ。それこそ「「やってもどうせ同じだ」 から 「頑張れば良くなる」 に変化した」と久美子が語ってみせたように。この北宇治高校吹奏楽部にもようやく “予兆” や “予感” といった前向きな感情が漂い始め、さらには夢や希望といった大きな目標がようやくこの場所にもその芽を咲かせ始めたのだと。

また、そうした “感情や予感の芽生え” という点で言えば、これら終盤のシーンにおいてもそれは顕著に描かれていたように思えました。

久美子が友人の誘いを断るシークエンスにおいて、幾度となく彼女の表情を捉えてみせたカメラワーク。その中において少しずつ、けれど確実に彼女の心情を捉えるようその表情に寄せられていくフレーミングは、まさしく言葉では多くを語らない黄前久美子という一人の少女の心を雄弁に語り掛けてくれたようにも感じられました。それこそ、それぞれのカットの合間に差し込まれた幾つかのアップショット(ユーフォニアムや足元などの)は彼女の背中を押すそれとして強烈な存在感を示していたように思いますし、この5話というなかば折り返しに近い挿話において、それらは非常に明確な主題を高らかに響かせてくれていたように思います。しっかりと音を揃え響き渡るマーチの音色は有無を云わせぬ説得力を携えながら、本作のタイトルそのままの心意気をもしっかりと表現してくれていたのではないでしょうか。大切なことは言葉より、繊細な映像と力強い音楽で伝えるのが本作のスタンスであるのだと。


絵コンテ・演出は三好一郎さん。この噛み締めたくなる程の余韻の素晴らしさはもはやさすがだなぁとしか。個人的には今年の一番と言っても差し支えのないフィルムであったように感じています。本当に素晴らしかったですと、心から。