読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『響け!ユーフォニアム』 13話の奥行き、その立体感

遂に最終話を迎えた『響け!ユーフォニアム』。その映像と音楽の重なりはまるで心に焼きつく程に情熱的で、この作品の全てをその舞台の上に置いてきたであろう素晴らしい幕引きであったように思えました。それは麗奈の涙や 「今に全てを掛けよう」 とする久美子の表情を見ても強く沁み入る高揚感そのものであり、またそれはこの作品が “青春の代名詞” 足る物語としてもよく語られることを今一度、力強く証明してくれたようでした。


けれどこの最終話を観て一番心を震わされたのは、おそらく “そこ” ではなかったのだろうとも私は思うのです。それは、決してスポットライトをその中心で浴びていたとは言えない “彼女たち” の存在、そうした幾つもの物語とその一つ一つに宿る輝きがあったからこその感動であった筈なのだと。

それも、麗奈のソロパートを前に物惣いに耽るよう目を細める香織先輩や、その奥でうっとりと聴き入るよう、けれど何処か寂しさを滲ませる表情を浮かべた吉川優子... 例えばそんな二人の存在があったからこそ、私はこの物語にここまで惹きつけられてしまったのではないか、というこれは一考察で。


物語の群像性。幾つもの視点。むしろ、黄前久美子という核たる主人公を置きながら、決して彼女にも引けを取らない少女たちの物語を紡いでいった『響け!ユーフォニアム』はだからこそ名作足り得たのでしょう。「誰かが舞台に上がるということは、舞台に上がれない誰かが居るということ」という負の側面を描くことを恐れず、悲劇的な物語の圧力に屈していく少女の生き様を浮き彫りにすることで物語の多面性を獲得していった本作のスタンス。それも画面の前景と遠景に香織と優子を配置し、その間で麗奈にソロを吹かせるなんて攻めたレイアウトを遣うのはその最たる象徴でもあった筈で。被写界深度を浅く。一人一人にピントを合わせて。そうしてそっとカメラの焦点を少女たちに合わせていく優しさと厳しさは、それこそこの作品が一番大切にした “向き合い方” でもあったのだと思います。

そしてそれはこの作品が北宇治高校吹奏楽部の全ての部員を “個を携えた登場人物” として認識した物語であったことの証左に他ならないのでしょう。たとえカメラが誰かを捉えたとしても、そのフレームの中で絡み合う視線は決して一つではないのだと語る映像と、それらを時折挟み込むコンテワーク。画面の奥、或いは手前にキャラクターを配置すれば、画的なもの以上に、物語に対しても奥行きが出る。だからピントを送れる。焦点をずらすことが出来る。誰かが歩んだ物語の裏、或いはそれより以前に語られた物語の上で、誰かが泣き、誰かが憂い、誰かが笑顔を咲かしていたのだということをこのフィルムは鮮明として教えてくれる。

そして何を隠そう、そうして複雑に交差する感情が形成していく立体感を人は “青春” と呼び、そうして立像された風景にこそ私は美しさを感じてしまったのだと思います。それは夏紀先輩から突き出された拳にありとあらゆる感情が仮託されていたように。悔しさも。喜びも。心からの声援も。「今度は自分も」なんていう願いの込められた未来への誓いも。その全てが堪え切れずに滲み出したその一瞬にこそこの作品はほんの少しスポットライトを傾けながら、彼女たちの元へとそっとその物語の軌道をずらしてくれるのです。

そして、響け!と奏でられた彼女たちの音色は誰においても等しく語られた願いそのものであり、この作品はそうした一つ一つの “想い” を奏で響かせるための奥行きを広げながら、彼女たちが “この場所” にまで辿り着くのをずっと待っていてくれたのだと思います。


悔しいと思える心は美しい、夢に向かい懸命になれる姿は秀麗であると、まるで誰にでもなく語りかけてくれたかのような最終話。願いの数だけ物語がある。物語の数だけ青春があるのだと。そんな有りふれたようで、彼女たちにしか響かせることの出来ない幕引きが凄く素敵でした。願わくばそうして今を駆け抜けた少年少女たちにさらなる夢の続きが訪れることを祈りつつ。今はただこの物語の節目と広大な青空へと抜けていった新たなる予感に想いを馳せるばかりです。本当におめでとう。そして、素敵な青春をありがとうございました。