読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ToHeart』1話 冒頭7分54秒の情景

f:id:shirooo105:20160930060939j:plainf:id:shirooo105:20160930054955j:plain

ヒロインであるあかりの回想から物語が始まり、オープニングを経て、モノローグから校舎内のカットへと切り替わるまでの流れが本当に圧巻で、久々に一話から肌がヒリつく感覚を覚えました。それこそ特別に派手なアクションや尖った演出があるわけでは決してないのですが、しっかりと彼女たちの “これまで” と “これから” に向けた話の輪郭を描いている辺りは特に素晴らしかったと思います。

 

若かりし頃の原風景を描き、それを夢として何年も前のことであると分かるように描く巧さというか。彼女の寝顔を近距離で描いてから部屋中をくまなく映す横長のパン、置いてある小物やぬいぐるみのアップショット、またそれらに囲まれて眠るあかりの俯瞰ショットを入れたりと、それがあの日の彼女であると伝えるまでの情感の持たせ方や、丁寧に一人の少女のパーソナルな部分を切り取っていくカメラワークがとても秀逸なんですよね。

f:id:shirooo105:20160930055058j:plainf:id:shirooo105:20160930063057j:plain

可愛らしい目元と映える髪の色。そして可愛らしい少女性の固まりのようなモチーフの数々など、ファーストシーンで描かれたあの小さな少女の残り香がそこには確かに存在していて。まただからこそ、このシーンには少女の “変わらなさ” というものが仄かながらに映し出されていたのでしょうし、そうして多くのものを感じ取ることが出来たのは、それだけのものを映すための尺的な寛容さと閑静さをこのフィルムがしっかりと残してくれていたからに他ならないのだと思います。

 

物語の始まりは静寂に包まれている程に美しいと言わんばかりの端正なフィルム。これから何が始まるんだろう。彼女はどういう子なんだろうという、未来への予感を携えるための余白をこの序盤で与えてくれる映像的な優しさ。それは勿論、情感を持たすための時間の掛け方であり、そのための演出であることはまず間違いないと思うんですけど、やっぱりそうした “感じ取る” ための側面って多分に含まれていたんじゃないかなと思うんです。

f:id:shirooo105:20160930065200j:plainf:id:shirooo105:20160930062659j:plain

特に物語の始まりに向けた高揚感などに対してはかなり意識的な映像になっていたように感じます。空に向け抜けていくカメラワークなんてその代名詞足るカットで、少女性を担保されたあかりが思春期に差し掛かりこれからどういった物語を綴っていくのか。それをあの空の向こうに視るまでがやっぱりこの冒頭一連シークエンスの醍醐味なのだとは思いますし、またそれは日々の変化を素敵なものと捉えるあかりの視線ともリンクする風景でもあったのではないかと思います。

f:id:shirooo105:20160930070524j:plainf:id:shirooo105:20160930070527j:plainf:id:shirooo105:20160930070533j:plain

特に思い出の階段に差し掛かった辺りで同じレイアウトのカットを重ねたり、その場所の前でどこか嬉しそうなあかりの表情を捉えるということは、やはり彼女が抱く感情というものをここで少なからず描こうという想いがあるからですよね。そしてその想いの片鱗はその後の独白のシーンにおいても彼女の口から言語化されていくわけで、故にこの冒頭7分54秒のシーンの連なりは彼女が内に秘める情景を描き出すためだけに用意されていると言っても決して過言ではないと思うのです。

 

それこそ長い月日を経て変わったのであろう浩之(主人公)の変化などにはまず描写で触れる程度に留めておいて、何より先にあかりの心情を描き出すための映像や心の寄せ方に焦点を当てた見せ方には強い美しさすら感じられますし、そうした登場人物たちへの接し方を怠らないからこそ以降この物語は多くの場面で少女の視線や情景というものを蔑ろにしない作りになっていくのだと思います。その辺り、本当に丁寧と言うか、丹精込めて作られているフィルムって感じがして良いですよね。凄く好きだなぁと感じます。

 

また、キャラクターのフォルムの立体感なんかはこうした美少女ゲーム原作もののアニメとしては一種の完成形を見せられた気持ちにすらなってきますし、本当にうっとりしてしまうほどに流麗な造形だなと思います。特に目元の優しさや表情の柔らかさ、また頬から顎のラインや髪の繊細さは筆舌に尽くせない素晴らしさがありますね。WEBアニメスタイルの記事*1で「版権イラストが動いているよう」とも表現されていましたがまさにその感覚に近いなと思いました。

 

監督の高橋ナオヒトさんのデザインで言えば近い年に『誘惑 COUNT DOWN』や『同級生』などの作品がありますが、そのラインの造形がこうして千羽さんに受け継がれていったのかなと考えるとなかなか感慨深いものを感じてしまいます。瞳の雰囲気や髪の線に合わせた木目細かいハイライトとかは強く出てる感じがしますね。全体的な雰囲気も継承されてる感じがして良いなぁと思います。

To Heart DVD-BOX

To Heart DVD-BOX

 

*1:もっとアニメを観ようー第9回 結城信輝千羽由利子対談2

http://www.style.fm/as/04_watch/watch09_2.shtml