読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤い傘、心の壁、牧穂乃果曰く / 『キズナイーバー』 7話

アニメ雑感 キズナイーバー

物語もいよいよ佳境に差し掛かってきた『キズナイーバー』7話。語られたのは常にポーカーフェイスを決め込む牧穂乃果の過去と今の彼女に至るその出生の秘密だったわけですが、その軌跡に描かれていたのはやはり辛く険しい物語そのものでした。


信じたい気持ちと信じた先に幻視してしまう絶望の未来。誰だって傷つきたくない、傷つけたくないと願う中で、それでも自らの心を守る判断を下した穂乃果の決断は決して咎められるものではないと私は思います。だって、失うことは誰だって怖い。いっそのこと最初から 「無い」 方が良かったなんて思う程に持っていたものがその手の内から消えていくことって凄く恐ろしいことで、だからこそ突き放してしまった彼女の気持ちも痛い程に伝わってくる。それこそ彼女自身、その心の距離感に苦痛を感じていなかったはずがないし、むしろ「瑠々と距離を置く」という決断は彼女が痛みを押し殺しながら刻んだ傷でもあったはずなんです。裏切ったとか、見捨てたとか、そんな単純なことじゃない。決してそんな風に割り切っていいことじゃないんですよ。

けれど仁子の言う通りそれは“穂乃果だけの気持ちであり、彼女自身にしか分からない【痛み】”でもあるわけで、その真意も伝えようとしなければ誰かに伝わることは決してない。それは瑠々がどういうつもりで穂乃果を押し倒したのかが分からないことと同じように。つまりは人が他人の感情を完全に掴むことって絶対に出来ないんだってことをそれは逆説的に証明してしまうんですよね。本当に仲が良ければその輪郭くらいは掴めるのかも知れない。でも、その内情は分からない。そしてそれはあのキズナシステムをもちいても実現には至っていないわけで、云わばそういう “心の壁” とさえ呼べる強靭なバリケードを人間は抱えている。


自分の明かしたくない気持ち、想い、感情。そんな抽象的で曖昧なものを外に漏らさないために打ち付けられた心の壁。けれど、その壁は外に出したくない気持ちを心の外に漏らさずに済む替わりに、外へ押し出さなければ心が壊れてしまう感情の濁流をも押し留め、その内側から人を蝕んでいく諸刃の剣。だからこそ、ようはバランスが大切だと思うんですが、穂乃果の場合はその全てを堰き止め何もかもを自らの内に閉じ込めてしまったことが今の状況に繋がる最悪の形を象ってしまったのだと思います。

故に彼女は素直になれない。自分自身に正直になれない。彼女自身は正直に生きているつもりでも、時折崩れるそのポーカーフェイスから滲むように感情が溢れ出し、彼女の心が何処にあるのかを分からなくしてしまう。分からないから進めない。分かりたくないから進まない。前へ出そうとする足はその場を空転するばかりで、あの日から穂乃果は一歩たりともその場を離れることが出来ていないんです。抜け出すことも出来ず、突き進むことも出来ずにただ漠然と過ぎたであろう彼女の月日。もはや彼女にとってシャルル・ド・マッキングとは呪いの言葉でしかなくなっていたのでしょう。

もちろん、二人の過去が呪いになってしまったことの原因の一端は瑠々にもあるのだと思います。彼女の言葉が穂乃果を苦しめ、その思考に下方修正を加えていったのはまず間違いない。


けれど穂乃果自身も瑠々には言えなかった言葉が確かにあったわけで、その点を鑑みれば瑠々だって同じように進めなくなっていたのかも知れないんですよね。二人揃ってのシャルル・ド・マッキング。あの漫画がもし大団円を迎えるのならそれは二人の手によるものでなくては成立しない。また、だからこそ頷けるのは 「最終話の評判が悪かった」 という世間の一説。だって一人じゃ描けるわけがない。二人で築き上げてきた物語は決して一人の筆先では埋まらない。一筋縄じゃないんです。そんな簡単に突き放せるわけないんですよ。

でも逆に、だからこそ彼女は最終話を一人で描くことへと踏み切ることが出来たんじゃないかとも思うんです。だってあれは物語の続きじゃない。漫画という媒体の最終話。その体を成して描かれたあれは間違いなく“穂乃果と瑠々が辿り歩んだ物語の最終話”に他ならないからです。瑠々が精一杯の気持ちを込めて紡いだ言葉。いつか穂乃果がもし、このページを読むことがあればその言葉があなたの心へと届き、その支えとなるように。


「あなたの笑顔が、大好きだから」


一番伝えたかった言葉を、一番伝えたかった人へ向けて描いた最終回。それは進むことが出来なくなってしまった瑠々がそれでも前へと進もうとした証に他ならず、形容するならそれは決して呪いなどではなく、むしろ“希望”とも呼ぶことの出来る言葉だったのではと思うのです。そしてもし、穂乃果と瑠々の間に違いがあるのだとすればきっと “そこ” なのでしょう。相手の本心が分からない中にあって、それでも私には伝えたいものがあると漸進すること。傷つくかも知れない。嫌われるかも知れない。けれど伝えなければ何一つ前へは進めない。心の壁を破り、たった一言伝えてみるだけでいい。「笑って」って。「大好きだよ」って。たったそれだけのことがこんなにも眩しく前を照らしてくれる。だから進んでいける。歩いて行ける。“伝える” ということがいつの日かの道標になる。

悲しみはそこ此処に積もる。それは時に激しく、時にしたしたと降り注ぐ雨のように心の底に溜まり辛かった記憶を映し出す鏡にもなる。だから、傘は必要だ。こんな薄暗いどんよりとした天気の日にはいっそ真っ赤な長傘を差して一人歩くのがいいのかも知れない。もちろん気分が晴れるわけではない。けれど、これ以上悲しみに晒されずに済むから。自分を守るために。心を庇うために。ああ、なんて便利な傘。心の壁。我が心の壁。


けれど、少しそこから顔を覗かせてみるとそこには“友”と呼べるか呼べないかまだ分からない人たちの顔があって、実は雲間にもたくさんの星々が輝いていることを知り、降り注ぐ雨にも意外と嫌な気持ちを抱かないことを彼女は知るわけです。それは“伝えてみなければ分からない”ことと少しだけ似ていて、だからこそあの瞬間に彼女は自らの心の壁を少しだけ取り除き「キズナイーバーから始めませんか?」と、彼らに伝えることが出来たのだと思います。誰に諭されるわけでもなく、誰に従うわけでもない。傘を持つ手を自ら降ろすことの意味は、見た目以上に大きい勇気ある“あの日”から前へ進むための一歩に他ならないのでしょう。

そして、それは伝えることの大切さを語ると同時に“他人の感情を完全に掴むことは出来ない”という一つの事実に対する“それでも人の感情はどこかで交わるのだ”という希望をも雄弁に語り掛けてくれているのだと思います。


感情と感情、痛みと痛みの交錯の物語。心の完全な通いを否定しておきながら、しかしそれらが象る感情の曲線は必ずどこかで交わるのだと力説する『キズナイーバー』。なによりその交錯する点こそが“絆”であり“希望”に他ならないということをこの作品は伝えたかったのでしょうし、今回の話で言えば穂乃香と瑠々にとって「あなたの笑顔が好きだから」というそのたった一つの心の通いが“希望”であり、“交錯点”だったということを描きたかったのかも知れません。最後に、願わくば彼女の零した言葉がどうかあの人の元にも届いていますようにと祈りつつ。「私も」と伝えることの出来た彼女の成長とその大きく踏み出された一歩に今はただただ心を寄せていたいなと思います。