『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会2期』2話のワンシーンについて

嵐珠のスクールアイドルに対する姿勢を介し、改めて彼女のパーソナルな部分やスクールアイドルに対する自分たちの在り方を考え始めるようになったエマたち。アイドルの数だけ答えがある様に、各々の立ち位置や見てきたものの違いから生まれる "それぞれの想い" を肯定するような映像になっていたことに、強く胸を打たれました。遊具を使った人物配置、視線の置き方も特異的で、見ているものや目指しているものの方向は違えど、それぞれの想いがやがて一つの方向に収束していく様はとても美しく映ります。それこそかすみが一人孤立するようなフレーム内フレームによる分断も描かれたりしましたが*1、それでもきっとこの時彼女が口にした「同好会は色んなアイドルが居られる、最高の場所」という言葉は本作の根幹に成りえるものでもあったのでしょう。各々のアイドル像は違えど、その言葉に寄せる気持ちは皆等しくあるのだと。そういうスタンスをグッと前面に押し出してくれたシーンになっていたことが、とても嬉しかったのです。

なにより、そういったことを示唆するためのカメラワークというか、前述したような視線の置き方がとても良かったです。吐露される言葉や想いに至るまでの流れを作るカットの組み立て方とも言い換えられるのかも知れません。バラバラだった視線がすべてかすみに向く流れも然り、それぞれの表情を映し、かすみの言葉と表情を正面から捉えることで彼女の優しさとスクールアイドルに対する考え方を真っ向から捉えていく、映像としての姿勢然り。

誰が何を見て、何を考えているのか。どういう考え方に同調したり、感銘を受けているのか。そういう感情的な部分や関係性を少しでも感じ取れるように視線や表情が描かれることって、とても大きなことだと思います。例えば、エマの視線の先に居るかすみの姿は彼女の瞳にどう映っているのだろうかとか。些細な描写ではあるのかも知れませんが、そういったことに想いを馳せる契機にもそれは成り得えていくのです。レンズフレアなども言ってしまえばそういう感情的な部分を知るための補線なんだろうなとは感じますし、一度カメラを引き、また一つ分かり合えたであろう彼女たちの姿を客観的に映していたショットもきっと同じことなのでしょう。言葉では語り切れないものを映像に込めていくための演出。とてもあやふやなものではあるけれど、そういった些細で繊細な描き方こそが物語を理解していくための一助になっていくし、彼女たちを彼女たちらしめる理由にすらなっていくのだと思います。

*2

そういう意味で言えば今回、一番感動させられたのがこのブランコのシーンでした。「私たちって普段はバラバラだ」 と語るかすみの言葉に同調するように、動き出しもその後の漕ぎ方もバラバラになる4人。それぞれの個性を活かし、それぞれのやりたいことを等身大の物語として描いてきた本作が、そういったこれまでの過程や彼女たちの在り方を一つに凝縮したカットであったことにまず間違いないでしょう。それをバックショットで静かに、長めに撮り続けることの意味は余りにも大きく、彼女たちの歩んできた道のりを優しく肯定してくれる質感がそこにはありました。

ここも同様です。バラバラな動きをワンカットに収めるという複雑な構成のカットでしたが、前述したようにそれを描く意味がここにはたくさん込められていました。しかし、さらに素晴らしかったのはここからの描写です。エマの「今度の合同ライブ、4人でやってみない?」という問いかけに対し、バラバラだった動きが一様に揃い、同じように漕ぐことを止めるのです。それは、普段はバラバラな彼女たちが同じ志をもって未来を見据え決意を抱いた瞬間に他なりません。 "普段はバラバラだけど、皆んなで歌ったフェスは楽しかった" という言葉を映像として後押しするようなしーンでもあり、彼女たちが同好会に居る意味を寡黙に伝える描写にさえなっていたことがとても感動的でした。夕景の美しさとBGMの良さが相まってより感傷的にさせてくれるのも素晴らしく、言葉にし難い心の通いを美しく表現してくれていたように思います。

最後は横一列に並び、綺麗な歌声をシンクロさせる4人。奇しくもアバンで映されたブランコと重なって見えることに気づいたのはこの物語を観直し始めた後のことでした。もしかすれば、そんな倒置的な見せ方も以降に描かれるシーンとその結果を暗示してのものだったのかも知れません。同じ想いを携え、同じ方角を見据える強さ。そんな本作の青春性の高さを改めて突きつけられたことが、とても嬉しく、素敵に映りました。

*1:まあ、これはクスっと笑えるようなコメディタッチの演出なのだと思いますが

*2:サムネ参考画像:

最近観たアニメの気になったこととか11

カッコウの許嫁』3話。シーン展開というか、劇伴のつけ方やそれ以前の会話、カットの構成があってのものではあるんですが、やはりここの芝居は本当に素晴らしかったなと思います。劇伴の抑揚に合わせるよう差し込まれるノブを捻るカット、キュッというSEと共にこのカットから作画のテイストが一気に変わるのが求心力の源になっていました。バストショット、寄りなどが多いカット構成からまず一つ、リアル調な手の芝居に切り替わることでシーンの雰囲気が変わっていく。順にアクション、振り向き際の表情、エフェクトの煌びやかさと少しずつレイヤーが重ねられ彩られていく。その全てが今この瞬間を楽しんでいる二人の感情の流れに沿っていたことが、とても美しいなと思えました。最後には水を掛け合う二人を引きで映していたのも素敵で、全体像を映すことでより芝居が映え、年相応の無邪気さや関係性の変化が感じられます。芝居作画そのものも素晴らしく、この芝居設計を描き切る巧さが彼ら・彼女たちの "生" にそのまま直結しているようだと思えるこの瞬間の感動はいつ味わっても堪らないものがあります。

1話で語られた「自然体の方が良い」という言葉を裏づけるように、とても自然で柔らかい表情が描かれていたのも良かったです。複雑に絡み合った関係の中で、そういったことは一旦置いておき笑い合えることが各々の心情に寄与していくのだろうなとか。そんなことを思えたシーンでもありました。

SPY×FAMILY』3話。普遍的で温かみのある家族観。それを象徴するような、あくまでも日常を描くための芝居作画に心を打たれました。「あなたたち、とっても素敵な家族ね」という老婆の言葉を映像から体現していく姿勢。描かれているものの中には特異的なものは何一つなく、机にカップを置く、椅子に座るというただそれだけの行為ではあるのですが、そんな "ただそれだけの行為" がこの一家にとってはどれだけ大切なのかということがとても身に染みた瞬間です。アーニャの子供らしさが滲み出るような座る芝居、その後にヨルが座り、横目で母親らしい視線を向ける。それこそロイドやヨルにはまだ "本物の家族" という価値観はないのかも知れませんが、こういった描写というか、日常の積み重ねがいずれはそういった価値観を形成していくんじゃないかなんて、そんな未来を考えたくなる趣がこのシーンには込められていたような気がしています。

SPY×FAMILY』6話。「ダメな母親だ」と嘆くヨルに対してのアーニャの行為。頭を撫でる指の速度、緩急、子供らしい手のシルエット、なにより指の間の髪に膨れ上がる様な質感が伴われることで、より撫でるという行為の実感や温かみが感じられたことが本当に素晴らしかったです。親指が触れている辺りの髪に実線が出来るのとかも同様です。手をしっかり充てているという実感が、より感情の流れやその機微に作用していく。そういう瞬間にはやはりどうしたって感動が生まれるんだろうなと思います。言葉数が少なかったり、うまく言葉を伝えられないからこそ、その一挙手一投足がより雄弁になり得る子供の芝居。特にアーニャの場合はそうなのだろうなと思います。

あとは視線とか、そういうのも同じなんだろうなと。言葉ではなく芝居で、言葉だけではなく視線で。その大きな瞳でなにを見てなにを彼女は感じているのだろうかと。そういった想いを逡巡させてくれる描き方がこの物語の骨格、しいてはアーニャ自身の人格を形成してくれているような気さえ今はしていますし、私にとってはそれが本作を観るうえでの醍醐味になっていたりもしますね。

『であいもん』2話、アニメにおけるバックショットとその先に視るものについて

両場面とも2話終盤で描かれたバックショットでしたが、各々が今話の行方を見守る様な質感を持っており、とても感動させられました。まず左のカットについてですが、和 (なごむ) と一果の馴れ初め、関係性を踏まえればとても得心のいくカットだと感じられます。まだ距離感がある二人だからこそ寄り添っては歩かないし、歩けない。それでもここまで描かれてきた彼の姿勢や性格に少なからず温かさを見つけていたからこそ、一果もさほど距離を取らなかったのでしょう。付かず離れず、そんな二人の関係性をビジュアライズした距離感。特に和菓子の手売りを共にしたことや美弦の進路に関する一件で、一果が彼に対する印象を改めたことが分かるカットになっていたのはなんだか良いなと思わされた一因でした。逆に右のカット、一果と美弦が一緒に登校するシーンで描かれたカットでは、二人の仲睦まじさを感じさせる距離感でしっかりとその関係性が描かれています。距離が近ければ仲が良い、というのは必ずしもイコールで結ばれるものではないと思いますが、それでも自身の問題をひとまず片づけた美弦と、それを知り見守っていた一果の関係が改めてビジュアル的に示されたのはやはり素敵でした。それこそ時系列的には絵としての印象度が強い和と一果のカットを受けて、一果と美弦のカットがラストカットとして描かれていたのでより二つのカットを重ねて観ることが出来ましたし、それ故の感動というものも多分にあったのだろうと思います。

 

けれど、そんな二つのカットにも共通したテーマ性のようなものがあります。それは広角カットから強調し映し出される消失点 (とその構図) によって、各々が歩むであろう道/未来というものを強く意識させられることです。特に一果と和のカットではそれが顕著でした。たとえ今は二人の間に少し距離があったとしても、これから続く長い道のりの中でその心は少しずつ寄り添っていくのだろうと思えてしまうというか。消失点をまだ見ぬ未来と見立てればそこに向かって歩く二人は、きっとこの先も大丈夫なんだろうと自然と思えてくること*1が本当に素晴らしいのです。それは一果と美弦のカットでも同様です。消失点、遠くへと続く道をより見やすくするために真後ろのバックショットからではなく、カメラ位置を少しずらし "その道の先" をしっかりと映していたのも印象に残ります。それこそこういうカットって本当にバックショットの醍醐味というか、表情が見えない構図である分、それ以外の要素が物語的に雄弁であったり、言葉では言い合わらせられない感情を代弁してくれている感じがして、本当に好きだなと思わされます。

 

くわえて、二人が見渡す景色の向こうに空が広がるという景観の見せ方もとても素晴らしく、それはまるで二人が歩んでいく道とその先の物語を世界が祝福しているようにも思えました。

またこの話数を観て、自分の中に深く残っているバックショットってなんだろうと考えた時に、色々浮かんできたものがあったのでそれについても少し書いていこうと思います。まずは『宇宙よりも遠い場所』5話。キマリが南極へと向かう日の朝、めぐっちゃんが彼女に絶交を言い渡しに来るというシチュエーションでしたが、めぐっちゃんが抱いていた感情も全て受け止めたうえでキマリが「絶交無効」と言い渡す、そんな流れの直後の場面です。

 

前述してきたことを踏まえればまさしく消失点 (見えないほど遠く) へとキマリが駆けていくバックショットが描かれます。キマリにとっては ”ここではないどこか、遠い場所" へ向かうという意思と意味がしっかりとこのカットに込められていたのでしょう。しかし、以降のカットからこのバックショットって実はめぐっちゃんの主観に近いカットでもあったのかも知れないと分かると、そこには新たな質感が伴われていくことになります。それはキマリが遠くへと行ってしまうというめぐっちゃんの感覚だったり、その背を追いかけ、向こう側へと向かう必要があるのは私も同じなんだという彼女自身の強い想いでもあったのでしょう。言ってしまえば彼女たちは "向こう側" を観ているんですよね。まだ見ぬ虚空に浮かぶ目標とか、夢とか、踏み出すための切っ掛けとか。具体的なことを言葉で言い表すのが難しいのですが、でもしっかりと此処に在るそういうあやふやな感情をグッと私たち受け手にも知らせてくれる。そういう物語的な強度がやはりバックショット*2にはあるんだと思わされるんです。

のんのんびより のんすとっぷ』10話、『ろんぐらいだぁす!』3話。遠い場所へと帰っていく友人を見送るれんげと、未来への展望に心躍る亜美、それぞれの後ろ姿。各々シチュエーションや抱える感情は違いますが、遠くへと想い馳せその虚空に彼女たちの感情が映し出されるという点ではやはり同じだと思います。『ろんぐらいだぁす!』に関して言えばはドリーズーム効果がつけられていたり、前術したような消失点を意識させられる構図・レンズ感にはなっていませんが、そこに携えられている意味性に関してはやはり同様のものを感じます。特にバックショットによって捉えられる空の感じ、そこにこれからの物語を夢想できる印象なんていうのは、もう私が敬愛するバックショットの素晴らしさそのものでしかありません。

新海誠監督作品でもバックショットは多く使われますが、印象的なのは『コスモナウト』と『ef-the latter tale.』のデモムービー。手の届かないもの、未来や過去に対して手を伸ばす意味性を説くのが氏が手掛ける作品に通底したテーマ性ではありますが、こういったバックショットやそこで描かれる彼女たちの視線というものはその意味性の代弁者足る強度を非常に強く携えているように思います。やはり向こう側を見ているんですよね。そして、そこに彼女たちの物語があって、感情がある。

響け!ユーフォニアム』5話、『ヴァイオレット・エヴァ―ガーデン』6話。ここでは物語の詳細を省きますが、いずれも登場人物たちが未来への予感や、そこへ向けた想いを虚空に滲ませていたカットです。明確に言葉にできるものはないけれど、それでも今この場所より向こう側へと馳せる想いは持ち合わせている。とてもあやふやなものではありますが、そのあやふやな輪郭こそがとても大切な物語の骨子となっていくのでしょう。そんな風に彼女/彼ら/また物語の代弁者となるのが時にバックショットの宿命なのかも知れないな、とか。今回の『であいもん』2話を観て改めて感じさせられたことでした。

*1:この風景(カット)を信頼してこの作品を見守りたいと強く思えること

*2:もちろん全てのバックショットにそれが当てはまるわけではありませんが