最近観たアニメの気になったこととか5

f:id:shirooo105:20210504103512g:plain*1

『Vivy -Fluorite Eye’s Song-』1話。AIであるヴィヴィと人との違いを感じさせない芝居。序盤のシーンではありますが、ここでこの芝居が描かれる意味って自分の中では凄く大きかったなと思います。人の感情と呼べるものに対しまだ鈍い反応をみせる彼女ですが、友人とも呼べる距離感のモモカとそれほど芝居の質感が変わらないということが、ヴィヴィ自身の人間然とした在り方を強く感じさせてくれるようでした。モモカは子供らしい軽さと大雑把さを生かした座り込み。逆にヴィヴィは少しお姉さんらしさがあって、しおらしい動き。スカートを抑える所作だったり、ちょっとした脚の動きにも実在感と芝居的な良さがあって好きだなと。

 

くわえて、この距離感の定点カット。一つの画面の中に二人の芝居を順序よく描くことでさらに二人の関係性、近さを感じられるのも良いです。こういうアングルで生活芝居を撮るということ自体が個人的に好きというのももちろんありますが、二人の時間を一番フラットに切り取れていたのはやはりこのカットなんじゃないかなと思いました。それこそ序盤にこういったシーン/カットを描くことでヴィヴィの人間らしさに基準となる線を引いた感じもして、より印象に残ったなと。この作品については今のところは2話まで観ていますが、そういった描写の一つ一つがヴィヴィにとっては物語そのものになっていくようにも思えて、特にこの作品を観ていて好きだなと感じるポイントの一つでもありました。

f:id:shirooo105:20210504105003j:plainf:id:shirooo105:20210504105008j:plain

同上2話。未来の凄惨な映像を見せられた後に映るヴィヴィの瞳のアップショットと、目の前でそれとほぼ変わらない出来事が起こった際の彼女の瞳の描写。これがこの話数のファーストカットとラストカットとして描かれていたことも凄まじいですが、やはりそこにはそれ相応の意味があったのだろうと思います。未来に生きる人々の祈りの火と、目の前で起きた大爆発、そして大切な人との別れ。それぞれがその瞳に映り込む中で、二つの描写に差異があるとすれば、それはおそらく感情と呼べるものの強さに他ならないのでしょう。

 

それこそ、光源の種類、強さ、色味、環境など多くの要素で画面の質感とは変化していくものですが、それだけではない "何か" があると感じられる絵としての強度。ハイライトの濃さ、雨の艶、掠り傷が多く描き込まれていたことまで含め、このカットにおいてはそういった情報量の全てがヴィヴィにとっての感情なんだとまるで訴えているようでした。それは前述してきたような、彼女の人間然とした芝居ともきっと同じ輪郭をもって語ることの出来る繊細な "彼女を描くための" 描写そのものだったはずです。なによりそういった描写があるからこそ、信頼できるというか。ああ、この作品はこの娘の気持ちにこんなに寄ってくれるんだっていう。だから自分も前のめりに、襟を正して観ようと思えるというか。大袈裟なことを言ってしまえば、そういう瞬間のためにアニメを観ていると言っても過言ではないのかも知れません。

f:id:shirooo105:20210504105727g:plain

『86―エイティシックス―』3話。2度にわたる長回しカットの果てに描かれたシーン、演出。最初の長回しと、後に描かれた長回しとの間で巻き起こるドラマによってそれぞれの描写の意味が180度変わってしまうというのを、落ちる*2はずの涙が駆け上がることで表現していたように感じました。逆流というか。そうじゃ "なかった" んだっていう、気づきと感情の反転。正位置だったカットが横たわっていくのとかも。それをマッチカット的に瓶のハイライトへ納めてしまうスマートさと強烈さまで含め、このシーン締めは本当に凄まじかったなと思います。あとは瓶にもなにか意味があるのかなとは少し考えましたが、今のところはあまり繋がりが見えないので、それはそれという感じです。

f:id:shirooo105:20210505010930g:plain

憂国のモリアーティ』4話。グレープフルーツを切り、絞るという流れ作業の芝居。力の入れ加減、体重の乗り、丁寧に一つ一つの作業をこなしていることが直に伝わってくるような感触があって、芝居作画そのものがもう凄く良いなと思うんですが、そういった描写のすべてが直接的に殺人に対する実感へと繋がっていくという演出に、とても驚かされました。グレープフルーツジュースが劇薬になることを承知しているからこその、夫婦にとっての敵 (かたき) を殺めるためのものであるからこその、丁寧さ。二人の作業を一つのカットに収め、わざわざ2カット目のようなカットを入れるのも、これが夫婦による共同殺人であることをより強調するためなのでしょう。

 

命のやり取りに対する実感と"確実に"という執念、それが丁寧な芝居を描く理由にもなるのだから、面白いし、強烈だなと。作画的な丁寧さと、この二人にとっての丁寧さの同調。掛け値なしに、素晴らしいです。

*1:サムネ参考:

f:id:shirooo105:20210504103729j:plain

*2:カメラ向き的には横に動く

最近観たアニメの気になったこととか4

f:id:shirooo105:20210502094704g:plain

『やくならマグカップも』3話。全体的にシリアスな空気感の中で話が進んでいく回でしたが、こういったロングショットで登場人物たちの中に流れている時間を共有させてくれたのが凄く良いな、と感じました。奥から手前に歩いてくる二人、他愛もない会話。緊張感のある話の中だからこそ、このカットがより印象づく、みたいな。

f:id:shirooo105:20210502095317j:plainf:id:shirooo105:20210502095339j:plain

シリアスなパートでもロングショットが挟まれます。カメラ位置が低めなのも相まってか、ひっそりと彼女たちのやり取りを覗くような質感がこの回にはありました。ライティングも印象的で、逆光も多かったり。けれど、その中で浮かび上がる色合いの濃さが、彼女たちが抱いていた本音を浮き彫りにしてくれるようで、観ていてとてもドキドキさせられました。物凄く丁寧で、感情の一つ一つを拾い上げてくれるような台詞回しを後押しするよう構成される映像。繰り返し描かれる同ポのカット、トンボのモチーフなどが彼女たちのほんの少しの変化を彩ってくれていたのも素敵でした。

f:id:shirooo105:20210502094707g:plain

『やくならマグカップも』4話。お茶漬けを掻き込む芝居。熱くて茶碗を持つ手と指がまばらに動いたり、掻き込む際の手首より上の動きがより一層、美味しそうに食べる様子を描いてくれていたのが良いなあと。それこそ美味しそうに食べている父、という一つの描写が今回の話の中では一つ軸になっている感じもあったので、姫乃自身の心象としてもここでこういう芝居が描かれた意味合いはとても大きく感じられたのがなんだか嬉しかったです。

f:id:shirooo105:20210502102949g:plainf:id:shirooo105:20210502102957j:plain

スーパーカブ』4話。感情的な芝居があまり目立たない小熊でしたが、アルバイトの日々を重ねていくうちに少しずつ相手側の先生とも打ち解けていく様子が描かれていたのが凄く良いなと感じました。ダイジェストで描かれたシーンではありましたけど、最初は先生が資料のチェックをしている間、ずっと横で立ち尽くしていた小熊が校舎の外で待つようになっていたり。きっと「外で待っていてもいいですか?」とか聞いたのかなとか、その時も少し子供っぽく足をぱたぱたさせていたりとか。次第に笑顔がふえていったり、台詞や明確な描写がなくてもその間に起きていたであろう会話や感情が想起できるシーンであったことがとても素敵だなと思いました。

 

スーパーカブに出会ってから彼女を取り巻く環境はどんどん変化しているように見えますが、そうして描かれた4話までの時間の流れを圧縮して、再演していたのがこのシーンでもあったのかなとも感じます。

f:id:shirooo105:20210502104447g:plain

『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』3話。本当は末晴のことが好きなのに、それでもこれは彼のためだと別れの切っ掛けを作り出した黒羽の感情が滲み出るような芝居。握る手の力み、重たく踏み出す一歩目の芝居。重心がまだ後ろに残るように爪先が先に浮く瞬間がとても感傷的で愛おしく、切なかったです。表情の良さ、ここはスローで。情感たっぷりに、後ろ髪が引かれるように、それを切り裂く手のアクション感まで含めて。もう本当に堪らないな、という気持ちにさせられます。

f:id:shirooo105:20210502104607g:plain

同上シーンのラスト。振り絞って出した末晴への最後のエール。「私、みてるから」の力強い言葉に合わせるようハッキリと描かれた口元の芝居、その前に一度大きく描かれた瞬き、そのタイミングまで含めてとても感情的です。瞬きの芝居について思うことは以前の記事でも一度書きましたが、自分の中にあるそういった芝居の大切さを再度確かめられたような気がします。

 

 渡り廊下のシーンであったことも含め影中作画で描かれていたのもまた、エモーショナルな質感に拍車をかけていたと思います。前述した『やくならマグカップも』 3話とも同様、時に影とは私たちの心奥底にある感情にまでその手を差し伸べてくれるのだから面白いですよね。その他にもライティングが光るシーンや階段を駆使した演出、素敵な芝居が多く、話数全体でみても本当に素晴らしかったです。余談ですが、文化祭でバンドのライブシーンと言えば思い出してしまうのは『涼宮ハルヒの憂鬱』26話「ライブアライブ」。オマージュなのかなあと思えたことまで含め印象に残る回でした。

『ワンダーエッグ・プライオリティ』3話の演出について

f:id:shirooo105:20210314143243j:plainf:id:shirooo105:20210314143659j:plain

3話のAパート、個人的に特に印象に残っていたのがリカの入浴シーンで描かれた蛇口から流れ出る水*1の描写でした。2カットに渡り執拗に描かれていたうえ、いずれもナメ構図を使っていた点からも、少なからずここにスポットを当てていたことがわかります。ポーチとリカ、被写体の中心に据えられたのはその両者ではありますが、やはり強烈なインパクトを残していたのは蛇口と水。このシーンまでではまだ明かされていないリカの内に秘める想いや葛藤が少しずつ漏れ出している様を連想させるモチーフとしても描かれていたのでしょうが、アンニュイな表情と映像の空気感からもそれはそれとなく伝わるよう描かれていたのだと思います。 

f:id:shirooo105:20210314143309j:plainf:id:shirooo105:20210314144228j:plain

ですが、その直後に蛇口を閉め、顔を一度ゆすぎまっすぐ前を見て表情を作る、という一つの流れが描かれます。アイドルが前職の彼女らしい振る舞いではありますが、ある種これもまた彼女にとっては必要なルーティーンだったのかも知れません。自傷行為により血を流すことで "何かしらの感情" と向き合ってきたであろう彼女が、流れ出るものを自らの手で一度止める意味。それはきっと彼女にとっての覚悟のような、ある種前へ進むためのスイッチの入りとしても描かれていたのでしょう。「もう切らないよ、約束だから」という台詞も相まって、彼女の明るくどこかサバサバしたいつもの姿が、どういう想いを起源に振り絞られていたのかが少しだけ分かったような気がして、そこにとてもグッとさせられてしまいました。

f:id:shirooo105:20210314145902j:plainf:id:shirooo105:20210314145910j:plainf:id:shirooo105:20210314145917j:plain
また、これは後からこの話を振り返った時に気づいたのですが、リカってかなり背もたれや壁に寄りかかる、しいては壁際に居ることが多いんです。先ほどの入浴シーンもそうですが*2、そういうシチュエーションで描かれることが本話では特に多かったはずです。もちろんそれは彼女自身の性格や素行による部分も大きいのだとは思いますが、リカが時折見せる表情、どこか遠くの記憶を見つめるような視線にも、そういった姿勢の理由ってあるのかなとかは考えました。

f:id:shirooo105:20210314150748j:plainf:id:shirooo105:20210314150805j:plain

前述したような自傷行為についてもそうですけど、なにかに寄りかかってようやく向き合えるものが彼女のなかにはあるのかも知れない、とか。見つめる視線の先に思い浮かべるもの。チエミのこと、家族のこと、自分自身のこと。それらはすべて過去の記憶であり、出来事なのかも知れないけれど、でもその過去がリカが今進むべき道を示してくれているようにも感じられてしまう。停滞ではなく、後退でもない。一歩でも前へと進むために。そういう描かれ方が本当に良いな、と思ったんです。そして、それが川井リカという一人の人間に惹かれてしまう切っ掛けにもなっていく。

f:id:shirooo105:20210314151347j:plainf:id:shirooo105:20210314151758j:plain

しかし本来は彼女自身、そういう大切な気持ちは内に秘めていたのだろうと思います。パーソナルエリアの確保というか。ずけずけ踏み込んでくるようで、踏み込ませない。なにかに寄りかかってしまうのも、寄りかかる相手がいないから。そういう表と裏の顔。もちろんそれはアイにとっても同じというか、パーソナルエリア感の強いベッドの見せ方とか彼女の仕草とか、それこそ回想シーンを観ていても、孤独であること、その内側になにか言い知れぬ感情や想いを抱えていることは感じ取れるんです。じゃあ二人の間にはどんな違いがあったのか、といえばそれはやはり、この時のリカには前述したような立ち向かうものが明確に目の前にあって、それを見つめて突き進む力が彼女にはあった、ということなのだと思います。だからこそリカは常にアイの先に居るというか。立ち位置もそうですし、会話の主導権とかも含めて。彼女の背中をアイが見つめるという構図がよく映えていたのも、だからなのでしょう。

f:id:shirooo105:20210314143216g:plain

そういった二人の違いや各々の状況は作画的にも同様のことが描かれていたような気がします。背動とアクション、走る姿とその視線の先にアイが知りたい感情や道標があって、リカが居る。どこか置いていかれてしまうような速度感や、先が見えない感じ。動き続ける世界の中で立ち止まってしまいそうになる芝居やその感情までをも含め、今度はアイの心がなんとか前へ喰らいつこうと動き出す過程を描き出す。それが二人の出会いと、そこから新たに生まれていくアイ自身の物語を強く後押しするようで、強く惹き込まれました。

f:id:shirooo105:20210314154041j:plainf:id:shirooo105:20210314154050g:plain

飛び越えるリカと置いていかれるアイの対比。常に世界が動き続ける中で "あなたはどうしたいか" ということを問い掛けるカッティングと、焦燥感を与えるライティング。世界の速度と感情の速度。
f:id:shirooo105:20210314154339g:plain

そして、駆け出すアイ。今度は世界の速度を彼女自身の感情の速度、或いは物語の速度が上回っていく。それこそ、階段を上り始めるシーンは比較的リアリティ度合いの高い芝居で描かれていたと思いますが、ここでの描かれ方は非常にファンタジック。でもそれでいい、というかそれが良いんですよね。なぜなら、このシーンではアイの感情が現実に圧しつぶされず跳ねのけ、それを飛び越える必要があったから。想い、感情の速度が世界(現実)の速度を追い越すって、そういうこと。リアリティの話ではない、理屈じゃない。それをこうも素晴らしいアニメーションで描かれたら心を打たれないはずがないのです。

 

最後は速度感の強い芝居から、じっくりとした背動へ。彼女自身の物語がグッと広がっていくイメージ。視界の拡大。くわえて、弾け飛んだ粒子が再度収束していくような軌道で描かれることで、よりアイの視線の先にまだ見ぬ景色が広がっていく感じを想像させてくれるのが堪らなく好きだし、素敵だなと思います。リカの話を聞いたことで広がった "アイ自身の世界" を可視可してくれる映像の強さ。明確な言葉や台詞がなくとも "そう感じさせてくれる" アニメーションの醍醐味というものを改めて噛み締めた瞬間でした。

f:id:shirooo105:20210314154651j:plainf:id:shirooo105:20210314154707j:plain

そして、だからこそ今度はリカと肩を並べて走れる、踏み出せるというストーリーラインがとても清々しく、本当に素晴らしかったなと思います。「バックダンサーから昇格」というリカの言葉も、そんなアイの変化を感じ取ったからこそのものですし、それこそもしかすればアイの足を揉んでいたあの時には既に、アイが踏み出せないでいることをリカは感じ取っていたのかも知れません。そんな妄想までしてしまうほどに、台詞や話の流れ、映像の構成が素晴らしく嚙み合った挿話だったなと思います。リカのパーソナルな話から、アイが一歩を踏み出す話まで。二つの流れが交差し、一つになる流れのドライヴ感が本当に堪らなく、とても美しかったです。

*1:お湯かも知れないが、そこは割愛

*2:まあ入浴シーンは誰でもああいう感じのポージングになるような気もしますが…