『SSSS.GRIDMAN』2話の宝多六花に寄る演出について

f:id:shirooo105:20181014211355p:plainf:id:shirooo105:20181014211417p:plain

グリッドマン同盟なるものの発足の傍らで鬱々とした表情を見せる少女、宝多六花。一話における戦闘の影響でクラスメイトが居なかったものとされてしまったことへのショックは隠し切れるものではなく、その心情を汲み取るレイアウト、陰影、距離感が非常にうまく表現されていました。視線誘導的な意味でも、明暗としても、心情的なテンションの差がとても明確に描かれています。もちろん裕太たちにとってもショッキングな出来事であったことには替わりないのでしょうが、おそらくは六花の方がよりその現実を自身が直面している体験として受け止めることが出来ていたのだと思います。

f:id:shirooo105:20181014205340p:plainf:id:shirooo105:20181014205348p:plain

「もし同じ様にまた友達が死んでいたことにされてしまったら」「この世界から消えてしまったら」。ビール函越しのショットはテクニカルでありながらそんな彼女の仄暗い心情をより映していましたし、距離感をつけた切り返しのカメラワークもそういった想いを静かに映し出してくれていました。それはまるでグリッドマンという光の側面に立つものの裏に描かれる苦渋の現実を彼女一人が背負っているようにも感じられる程でした。

f:id:shirooo105:20181014212256g:plain

目配せだけの芝居カットですが、ここでも他の三人には余り感じられなかった彼女特有の繊細さが表現されています。ダウナーな瞳。少し乱れるか細い髪。演出としてどこまで要求されているカットなのかは分かりませんが*1、線の細さ、瞬き一つとっても芝居の細やかさが彼女の心模様を映すようで印象に残ります。ビール函ナメのカットもそうですが被写界深度を意識したカットに続きここでも六花に強くフォーカスを当てるため周囲を若干ぼかしています。本作に群像性を感じたのはこういった節々の演出・見せ方があったからこそで、こういったカットから一つの出来事に対するそれぞれの立ち位置というものを感じられるのがとても良いです。

f:id:shirooo105:20181014214017p:plainf:id:shirooo105:20181014214040p:plainf:id:shirooo105:20181014214106p:plain

ですが、こと “戦う” ということに関して彼女は当事者になり切れないままのようでした。裕太とグリッドマンだけが戦えるという現状に対し、彼女は一歩引かざるを得なかったのでしょう。その落差というか、立場の違いにまで踏み込んで表現されていたのがとても胸に刺さりました。友達はもう失いたくない。でも、裕太も友達の一人。そんな葛藤が彼女の中にはあったのかも知れません。距離感、高低差、俯瞰。実際的な立ち位置が心的な立ち位置にリンクしていくレイアウト・画面構成。モチーフとして、橋と川というのも “関係性” と “それでも進み続ける時間の流れ” を克明に印象付けるものとして機能していました。

f:id:shirooo105:20181014215735p:plainf:id:shirooo105:20181014215758p:plain

この辺りも同様です。実際に危険が迫れば、その舞台に六花は上がれない。一人だけ蚊帳の外に居るようなレイアウトは他にもありますが*2、このシーンにおいては無関心を装いたいのではなく、当事者になり切れない彼女の複雑な心境がより描かれていたはずです。

f:id:shirooo105:20181014220701p:plainf:id:shirooo105:20181014221149p:plain

逆光のカット。光と陰。怪獣を倒したことに対する喜びや、一件に対する興味よりも友人の安否を気遣う彼女の心情が際立つカットです。街中で戦えば犠牲者が出るという当然のことに目を向ける六花の視線。走り出す彼女の足元が、心が、このグリッドマン同盟には一番に向いていないことを描くとても感傷的なシーンでした。振り向きざまに紡がれた「ありがとう」の一言もやはり立ち位置の違いを明確にしていたと思いますし、そうして感情的にはならない彼女の心情を映像面から後押ししてくれていた挿話であったことが、一層この作品を好きだと思わせてくれました。

f:id:shirooo105:20181014222518p:plainf:id:shirooo105:20181014222536p:plain

友人と談笑する六花とそれを俯瞰する裕太。中盤の橋のシーンとは逆の立ち位置になっているのが面白いですが、友人の日常風景を一歩引いた場所から見るという状況では同様であるはずです。ですが裕太の場合はそれを守る力がある。それが “今は” 六花との違いとして描かれているのかも知れません。今後どういった展開になるのかは全く分かりませんが、今作がそういった群像性を持ち合わせていることは心に留めておきたいなと思いますし、そう思わせてくれた今回の挿話には一話以上にとても惹かれてしまいました。六花の物語含め、今後がとても楽しみで仕方がありません。

SSSS.GRIDMAN 第1巻 [Blu-ray]
 

*1:担当されたアニメーターの方のアドリブの可能性もあるため

*2:該当シーン:

f:id:shirooo105:20181014220527p:plainf:id:shirooo105:20181014220546p:plain

『22/7 「あの日の彼女たち」』の演出について

光、音、レイアウト、芝居、台詞、時間。その枝葉まで如何なくコントロールされた繊細なアニメーションに衝撃を受けた『あの日の彼女たち』。二分にも満たない短編で描かれた本作は少女たちの感情を寡黙に語らない一方で、映像の側面から各々の内面・関係性を描き、そっと彼女たちに寄り添っていた印象を受けました。

f:id:shirooo105:20181009221254p:plainf:id:shirooo105:20181009221417p:plainf:id:shirooo105:20181009221833p:plain

中でも光による画面コントロールは印象的に使われていたことが多く、特に滝川みう編から斎藤二コル編*1へと繋ぎ描かれたアンサーフィルムとも取れる相互の映像は非常に雄弁でした。レイアウトと影づけによる境界、撮影によってより誇張されるビジュアルの変化は何を語らずとも少女たちの輝きをそこに映し出しているようで唸らされます。二コルから見たみうの輝きと、そんな輝きを追い掛けんとする二コルが持つ別の輝き。世界が少女たちを祝福するかのような光は、まるでこの作品における彼女たちの可能性を描き出していたようにも感じられますし、その反面で影へ落とし込まれるその姿はそれだけで “あの日の彼女たちが輝きの只中に居たわけではない” ことをも明瞭に指し示しているようでした。

f:id:shirooo105:20181009234306p:plainf:id:shirooo105:20181009234325p:plainf:id:shirooo105:20181009234126p:plain

しかし、そうしたある意味大胆とも取れる映像の変化とは裏腹にそっと独自のパーソナリティや関係性を映し出している場面でも演出的な明暗によるコントロールは光っていました。河野都編ではあかねとの関係・空気感を色濃くそこに映し出していたのが面白可笑しく印象に残った上に、立川絢香佐藤麗華の両編ではその内面に差し掛かるようなイメージで明暗のコントロールが明確にされています。言葉を多くは紡がない彼女たちの感情や立場をどこか代弁してくれるかのような光と影の質感。それが本作の凄味を一つ高い場所へ押し上げていることは間違いないはずです。

 

加えて、立川絢香編に至っては扉を開けるモチーフカットで始まり、扉が閉まるカットで終わることで彼女から少し顔を覗かせた内面とミステリアスな雰囲気がより強く表現されていたのが面白いです。佐藤麗華編では時間を大きく跨ぐカッティングと鏡面の演出。鏡面は他のエピソードでもよく使われていますが、少女たちのパーソナリティにカメラを向けるこの作品らしい素敵なモチーフとして機能していたと思います。(台詞や音を含めた) カット割りのタイミング、心の隙間や関係性に踏み込む長尺のカット*2、限りなく劇伴を排し、彼女たちが過ごす時間を出来るだけ “ありのまま” 切り取る映像構成がより、アイドルとしてではない “彼女たち自身” への興味と空間への没入感を深めてくれていました。

f:id:shirooo105:20181010010323p:plainf:id:shirooo105:20181010010340p:plain

特に『day07 戸田ジュン』編は、前述したような一人の少女を撮ろうとし続けた本作の流れを真っ向から汲んだエピソードになっていたと思います。大きい変化や感情の上げ下げが起きない物語であり、平凡な日常の一幕を描いた生活アニメーション。けれど、何も起こらないからこそ少女たちから滲む関係性や生活感、フラットな表情が見えてくるというのはやはりあるのでしょう。光による質感も過剰に陽が差し込む訳でもなければ影で覆われることもありません。あくまでこのエピソードで描こうとしているのは日常の一幕。*3けれど絢香の主観的なカットでは少しだけその塩梅が変わっていくのが、本作においての “内面をも描く” ということなのだと思います。

 

蝉時雨降り注ぐ中、熱い鍋を前に淡々と仕立てられていく料理。「言われたもの買ってきたよ」の言葉。そして映る滴る汗とその首筋を照らす陽光。それが “誰のための料理” であったのかということが映像として語られていくのに加え、その延長上に首筋にアイスを当てるという芝居*4(ある種の内面的な会話) が入るのがとても良いのです。

f:id:shirooo105:20181010173147p:plainf:id:shirooo105:20181010173437g:plain

環境音とバックショットで長回しをする見せ方。前述したように登場人物たちのありのままの時間を捉え映すという演出的テーマでは一貫しています。バックショットに宿る見守る性質を存分に生かしながら二人の会話を映していくことに情感があり、生っぽさがあり、だからこそ二人だけの空間がそこに確立しているように感じられるのが本当に堪りません。カメラの切り返しとそれぞれの反応と思考を考慮した間の置き方も素晴らしく、こういったシーンやカットの一つ一つから本シリーズが主軸にしているであろう “彼女たちを一人一人の少女として描く” ということが強く伝わってきます。たった一分三十秒の映像であるにも関わらず、ここまで本作から彼女たちというものを感じられるのはそういった繊細な映像の連なりが芯となりフィルムに強度を与えているからに他なりません。

f:id:shirooo105:20181010180929g:plain

そういった映像へのアプローチの仕方に関しては「あの日の彼女たち」シリーズの監督であり、多くのエピソードの演出を担当されている*5若林信さんが手掛けられた『エロマンガ先生』8話にも同様のことが言えると思います。特に山田エルフに纏わる物語に話が移ろぐ瞬間はその傾向が顕著でした。中でも印象的だったのは二つ。一つはエルフが主人公であるマサムネを遠くから呼び止めるシーンです。劇伴を排した見せ方もですが余韻の持たせ方、カッティング、間の置き方によってとても感傷的に映ります。芝居・台詞回しも含めた話ではありますが、最後の揺り戻しの間尺などに言葉では言い表すことの出来ないものが多く詰め込まれているように感じられるのは、「あの日の彼女たち」にも散見された人物象に付加された奥行きそのものです。

f:id:shirooo105:20181010182256p:plainf:id:shirooo105:20181010182337p:plain

二つ目はマサムネがムラマサとの関係について相談した後のシーンです。「エルフ先生に惚れちゃった?」とエルフがそれとなく、冗談めかしながら言葉を紡ぐとカメラはエルフの表情や心情を捉えるようにその位置を変化させていきます。自身の気持ちについてこの挿話では決して多くを語らないエルフですが、この時、カメラだけは彼女を相談できる作家仲間としてではなく、やはり “一人の少女” として映し出そうとしていたのです。劇伴が消え、ぐっと二人の関係性・少女の内面に寄り添ったフィルムになるのも同様。双方の表情を映す切り返しのカメラワークと、相手の言葉にどういった反応をするのかという一人の少女の揺らぎを捉える映像がとてもエモーショナルで、これもまた前述してきた「あの日の彼女たち」の特性ととても近いものがあるように感じます。

 

物語的には『エロマンガ先生』の方に積み重ねがある分、より心情に寄って描かれているように見えますが、おそらく “彼女たち” への寄り添い方としてはそこまで大きな違いはないのでしょう。関係性と時間をありのまま切り取り、一人一人の内側を言葉ではなく映像から掘り下げていく。生っぽい会話で、その中に含まれる空気感を画面に抽出していく。そんな “彼女たち” について静かに、けれど確実に語り掛けてくれるフィルム・演出に若林信という演出家の魅力は在るのかも知れません。

 

新しい仲間も増え、これからの展開が楽しみな『22/7』。続けて描かれるであろう「あの日の彼女たち」シリーズにも大きな期待を寄せつつ、楽しみに待ちたいと思います。

*1:小林麻衣子さんコンテ演出回

*2:関係性も描くという意味では丸山あかね編(山崎雄太さんコンテ演出回)でもカメラの距離感、二人の会話、空気感など作品の色が出たエピソードになっていました

*3:その一幕を過剰ではない光のコントロールで引き立てているのが本当に素晴らしい

*4:感謝とも労いとも取れる芝居

*5:若林信さんのTwitterより https://twitter.com/huusun/status/1048947325966540800

劇場版『若おかみは小学生!』の芝居・身体性について

表情変化や歩き芝居に始まり、抱き寄せる芝居、ものを運ぶ芝居、屈む芝居、掃除をする芝居など、おおよそ生活の中で見られるであろうアニメーションを徹底して描き出した今作。日々人が営む中で起こす動きを描くというのは非常に難しいことですが、それを終始高いレベルでここまで快活に描いていたことにとても驚かされました。加えて、そういった数多くの芝居が物語に寄与していたものは計り知れず、鑑賞後はこの作品が劇場アニメとしてのスケールでTV版とは別に作られた意味を思い知らされたようでした。*1

f:id:shirooo105:20180921220748g:plainf:id:shirooo105:20180921220823g:plain

なぜなら、両親を失くし、祖母に引き取られた先で若女将として経験を積んでいく主人公のおっこがその過程で見せた懸命さも、失敗も、時に見せる子供らしい表情もその全てがとても生き生きと表現されていたからです。着物のシルエットや姿勢、いわゆるフォルムとその動かし方や、それらを内包した生活アニメーションの巧さは前述した通り本当に素晴らしかったのですが、そこに描かれていたのは着物ならではの緻密さや人間的な芝居の表現だけでは決してありませんでした。おっこのハツラツとした性格、強さ、感情の豊かさ、そして成長。そういった目だけでは観察することの出来ないおっこが持つ人間味を描いていたこともまた素晴らしく、だからこそこの作品においてはそういった芝居の積み重ねが一つの物語になっていたと強く感じられるのです。

 

コミカルな芝居も、夢で両親に甘える芝居も、ハキハキと働く芝居も。その全てがおっこという一人の少女を描き、象っていくということ。そしてそれが緻密に、丁寧に表現されていくことで実在感が生まれ、こうして鑑賞を終えた今も尚 “春の屋で駆け回るおっこや取り巻く人々の姿を想像させてくれる” ことに本作で描かれたアニメーションの強さはあるのだと思います。美術や構図・レイアウトの素晴らしさに緻密な芝居が乗り、感情や人物像が込められていく。大袈裟な言い方をすれば、まるでそれは彼女たちがそこに生きた証を記すようで、物語の節々、カットの一つ一つに感傷や喜びを感じずにはいられませんでした。

f:id:shirooo105:20180921225650g:plainf:id:shirooo105:20180921225725g:plain

また、彼女を取り巻く人々の芝居として素晴らしかったのはおっこにだけ見える幽霊たちの存在とその描き方でした。ウリ坊、美陽、鈴鬼と三人の人ならざる者が本作では登場しますが、特にウリ坊と美陽における芝居は彼女たちが幽霊であることを忘れてしまう程に生命力に溢れていました。ふわっと漂う芝居やものの中を通過していく表現は時におっこたちとは違う存在であることを実感させますが、駆け回ったりおっこの手伝いをしたり、一緒に笑ったり泣いたりする彼女たちは打って変わり、おっことなんら変わりない少年少女の快活さをもって描かれていたように思います。それは彼女・彼らにとっての身体性の獲得であり、本作が二人を人間として (或いはおっこの良き友人として) 描こうとしたことの証左に他ならないはずです。

 

もちろん、身体性という意味ではおっこについても同様ではありますが、元々が既に命を持つ者ではなかった分、よりそういった芝居作画からは二人の存在というものを強く感じ取れたように思います。特にその身体性が強く描かれていたラストシーンの神楽はとても感動的でした。舞い踊るおっこと真月の横で一緒になって踊るウリ坊、美陽の姿はもはやおっこたちとなんら変わらず、垣根などない “生者と変わりのない存在” として描かれていたとすら感じられたからです。四人の動きに (人間と幽霊としての) 差をつけず、一人一人の芝居を力強く描いたこと。まただからこそ「まるでウリ坊と美陽が実体を持ったかのようだ」と思えたこと。それはきっとおっこたちが過ごした時間とその中で培った “実り (関係性や成長)” を本作が大切に描こうとしていたことと、きっと密接に繋がっているはずです。

 

そういった物語の流れ、登場人物たちの変化や成長を今回のような芝居・作画をもって多く描いてくれたことが本当に素晴らしく、感動しました。生活を描くこと、感情を描くこと、性格や身体性を描くこと。そういった描写の一つ一つが連綿と繋がることで彼女たちが “そこに居る” と感じられる。その感動と喜びはとても大きく、あらゆる面を作画面からも力強くアプローチした本作*2はきっとこれからも胸の奥に焼きつき、離れないのだろうと思います。そう確信出来るほどに素晴らしい映画でしたし、心からこの映画に出会えてよかったと今は感じられています。TV版はまだ最終回を迎えていませんが、一先ずこの作品に関わられた方々には心から感謝を。本当にありがとうございました。おそらくもう何度かは劇場へ足を運ぶことになりそうです。*3*4

若おかみは小学生!  Vol.1 [DVD]

若おかみは小学生! Vol.1 [DVD]

 

*1:それはTV版と劇場版のどちらが良いか、などといった話では決してなく

*2:もちろん、作画面だけではなく、音楽、美術、撮影、それらを統括する演出などそのどれもが素晴らしかったのは前提として注釈しておきます

*3:記事中で使われている参考資料(GIF)は全てTVアニメ『若おかみは小学生!』ED内にて使われたもの

*4:サムネ参考画像:

f:id:shirooo105:20180922013657p:plain