藤原佳幸監督の演出・作家性について

f:id:shirooo105:20171110203642p:plainf:id:shirooo105:20171110203709p:plain

プラスティック・メモリーズ』13話。絵コンテ演出 藤原佳幸。握りあう手。肩を寄せ合う二人をバックショットで映す情感の厚さ。そんな二人をまるで祝福するように昇る陽の光は、まさに藤原佳幸監督らしい “時間と空間” や “キャラクターへの寄り添い方” を描き出していたと思います。

 

劇伴を排し、流れる時間のままに風景ごと二人を切り取る。感情的な芝居を添えながら、キャラクターたちが何を想い考えているのかということを提示してくれる。今月発売された『アニメージュ 12月号』でのインタビューでも藤原監督はしきりにキャラクターのことについて言及されていました。どう表情を見せればいいのか。どう心情を描けばいいのか。「静かな時間が流れて、緩やかにキャラクターたちがやり取りをするような作品」に触れて良さを感じたと語る藤原監督でしたが、まさにその延長線上にこういったシーンのイメージはあるのだと思います。上がった名前に並んだのは『ARIA』『ヨコハマ買い出し紀行*1。納得せざるを得ないといったラインナップ。どれも時間の流れや心情を大切にした作品だと思います。

f:id:shirooo105:20171110211715p:plainf:id:shirooo105:20171110211733p:plain

ラストのクライマックスシーン。芝居の良さはアニメーターの方の賜物でもあるはずですが、この画面を作り出せるのが藤原佳幸という演出家の強さなのだと思います。夜に回る観覧車の中、最後の時を迎える二人を照らす逆光が儚くも美しく、まるで共に過ごすこの時を讃えているかのよう。光源の存在は終始明かされませんが、感情の起伏に合わせ映像がロマンチックになるのもまた、藤原監督の持ち味です。流れる時間を切り取りながら、登場人物たちの感情に合わせるよう変化を加える。言葉だけでは表現できない気持ちを画面からも伝えようとそっと背中を押すような演出。それは撮影も芝居の振り方もレイアウトも含めてですが、そうしたものの集積、人物への寄り添い方が藤原監督の作家性なのだとも感じています。

f:id:shirooo105:20171110214408p:plainf:id:shirooo105:20171110214450p:plain

NEW GAME!!』12話。作品のテーマは違いますが、見せ方は近いです。青葉がコウの手を握り返す描写。二人だけのこの時をロマンチックに飾り立てる映像。このシーンは劇伴などもあり、カットも感情的なものが連続で繋げられていますが、劇的といった印象はなくここもやはりじっくり描いてくれていたという印象の方が強いです。紅葉と青葉が電車に乗って空港に向かうシーンでは、入っても不思議ではないところでも回想が入らず、こちらはよりじっくり撮っていた印象。コウの思い出を青葉が語る場面など、あのシーンからも心情に寄り添う監督の良さが滲み出ていたと思います。

f:id:shirooo105:20171110221952p:plainf:id:shirooo105:20171110222036p:plain

またありのままの時間を切り取る、といった意味合いでの特筆すべきシーンは『GJ部』12話における紫音と京夜の早朝のやり取りがそれにあたるはずです。卒業式を目前に控える先輩の言葉を流れる時間のまま映すことで非常にセンチなシーンになっていました。静かに、いつも通りの会話で入る導入からこの映像。淡い自販機の灯りや薄く入る入射光など物語と映像がかっちり嵌っています。このシーンは本当に素晴らしいです。また、『ヨコハマ買い出し紀行』といった作品が上がりましたが、このシーンは特にその系統に近い印象があった気がしています。終わりを迎える雰囲気がそう感じさせたのかも知れませんが、ロングショットなどを効果的に使ったりと、言われてみれば確かにといった具合。個人的にはアニメ版の『ヨコハマ買い出し紀行*2にも近い雰囲気も感じました。

 

在校生が卒業生に言葉を贈るシーンでは、前述の作品でも使われていたロマンチックな撮影効果で夕日の入射光が盛られたりと、初監督作品でもらしい演出の良さが生かされているのが見受けられます。『みなみけ』がターニングポイント*3とご自身が語っていただけあり、炬燵を囲んで駄弁る様子を静かに映していたり、会話中心のシーンはあの作品の影響も受けているのだとは思いますが、それ以上にキャラクターの感情に寄せる映像の組み立て方は藤原監督の感性による部分が大きいように感じられます。『侵略!?イカ娘』11話Cパート、『ソードアート・オンライン』17話などその他にも良い演出回が多いです。

f:id:shirooo105:20171110230253p:plainf:id:shirooo105:20171110230342p:plainf:id:shirooo105:20171110230409p:plain

最後に、監督がインタビューの中で語られていた “成長” という言葉、また “時間の流れ” という言葉は時間の経過を軸に据える作品テーマ性にも大きく掛かっているのだと思います*4。季節が巡ることと、なにかが変ること。その中でなにが終わり、なにがまた始まっていくのかということ。そういった意味で言えば『プラスティック・メモリーズ』の死生観的なテーマは非常にらしいテーマだったのだなと改めて思えますし、成長を描いた『NEW GAME!!』などはまさにその系譜の作品だったとも言えるはずです。

 

藤原監督自身には「もっとこうすればよかった」といった後悔や反省の気持ちがある旨もインタビュー記事には書かれていましたし、なにか感情的な起伏が物語の中で必ず起こってしまうことには思う部分もあるようでした。ですが、私自身はそんな藤原監督の描く人物像・心情への寄せ方と物語が大好きです。演出家として、監督としてもちろん変わっていく部分はあるのだと思いますが、今後手掛けられる作品でも、これまでの藤原監督作品から感じることのできた良さがまた感じられればなと切に思います。

Animage(アニメージュ) 2017年 12 月号 [雑誌]

Animage(アニメージュ) 2017年 12 月号 [雑誌]

 

*1:アニメージュ 12月号 『この人に話を聞きたい』より抜粋

*2:安濃高志監督版のもの

*3:アニメージュ 12月号 『この人に話を聞きたい』より抜粋2

*4:画像左から『プラスティック・メモリーズ』『未確認で進行形』『GJ部』各挿話全て絵コンテ演出 藤原佳幸

『このはな綺譚』 5話の距離感、演出について

f:id:shirooo105:20171106170303p:plainf:id:shirooo105:20171106170312p:plain

機織りの少女と柚の邂逅。そのファーストシーンに用いられた俯瞰のカットがとても印象的でした。小屋梁を挟み二人を描くことで、おそらくは関係性の断絶、もしくはその距離感の遠さを描いていたのだと思います。話としても、食事を摂らず機織りを続ける少女からは何者も近づけない印象が際立っていましたが、そうした見えない壁の存在をこのレイアウトはより強く印象づけていました。

 

雨と、鳴り続ける機織りの音。劇伴は余り使わず、全体的には暗めの処理が施され冷たい空気感が終始漂います。少女もまた顔を柚と合わせず、一点を見つめるため淡々と話が進んでいたのも印象的です。時折挟まれる機織りをする手元のカットがそうした一定のリズムをキープする役目も担っていたように思います。ですが、従来この作品がそうであったように柚が一歩彼女の居場所に足を踏み込もうとすると印象が少しずつ変化していきます。少女のためにとおにぎりを運ぶ柚。「頼んでない」と言い返されてはしまいますが、空いた襖の間に二人が収まるレイアウトからは少しだけ二人の距離感が縮まる兆しが見て取れます。この映像の中では彩度が高く描かれていた紫陽花の花がよりそんな二人の印象を明るく照らしてくれているようにさえ感じられます。

f:id:shirooo105:20171106175026p:plainf:id:shirooo105:20171106175106p:plain

それからは二人の距離感が縮まっていくのも早かったように思います。柚の少女に寄せる言葉の数々がその心を解したのでしょうし、それは映像としても表現されていたように思います。二人が向き合ったり、カメラが近い距離で二人を同じフレームに収めたり。序盤のようにフレーム内フレームで二人の距離感を遠ざけるようなことはせず、徐々に歩み寄っていく様を柔らかに変化する表情とレイアウトで描く巧さは、とても静かでありながらエモーショナルで、優しさに溢れていたと思います。

 

柚がお囃子を歌い、少女が機を織る。そうすると浮かぶ乱反射するような光もそんな二人を祝福するように描かれたものの一つであったはずです。出会いがあれば、不思議なことが起こる此花亭に相応しい演出。これまでも大切な瞬間には花が舞い、花が散り、淡い光が周囲を包み込んでいたように。撮影が映像と物語を支えてくれる、盛り上げてくれるのは『このはな綺譚』が併せ持つとても素敵な側面なのだと思います。

f:id:shirooo105:20171106182023p:plainf:id:shirooo105:20171106182042p:plain

そしてこれは今話にあった日本人形の話でも言えることですが、今回この作品が描いたのは誰かを笑顔にすること、その人の世界を色づけてあげることでした。だからこそ、それぞれの話の最後にあのような華やかな絵が差し込まれたのは、彼女たちの心情と映像が強くリンクした結果だと言い切れるはずです。自身に対する心無い言葉への回想、自身への卑下。そうした感情線が誰かの言葉を切っ掛けに上向きへと振れていく温かさに映像が包まれていく。色のない世界から、色づく世界へ。本当に優しい世界だなとつくづく思います。

 

最後は機織りの少女と柚の間に虹の橋が。距離を感じさせる絵から、距離なんてもうないんだと確信させてくれる絵へ変遷していくのがとても素敵です。コンテは2話でも素晴らしい演出をされていた助監督の高橋亨さん。演出処理は鈴木拓磨さん。高橋さんは以前、他作品でも俯瞰レイアウトで同様の距離感の出し方をされていたようですが、ああいったレイアウトで暗喩的に表現されるのを好んで使われているのかも知れません。鈴木拓磨さんは演出処理での仕事が多いですが『Re:CREATORS』18話など素晴らしい回を担当されています。今後注目していきたい方です。

『夏 ここなの8/31』の広角・魚眼レンズと狭さについて

f:id:shirooo105:20171030001044p:plainf:id:shirooo105:20171030001047p:plain

ヤマノススメ おもいでプレゼント』present1はここなとお母さんの話でしたが、まず驚いたのは広角、魚眼レンズで映したような画面設計の多さでした。シリーズの中でも広角を意識していると思われるカットはあったと思いますが、一つの話数の中でここまで徹底していたのは初めてなのではないかと思います。理由は色々とあると思います。広い範囲を映すことが出来るので街並みや景観を映したいときは非常に良い絵になると思いますし、今回の話で言えば広い範囲を捉えた景色の中を小柄なここなが歩いていくことで、非常にエモーショナルな絵にもなっていたように思います。

 

少し似た話ではセカンドシーズン二十合目『ここなの飯能大冒険』がありましたが、あの話では広い景色を見せたいときはパンを使い、フレームを縦横にずらすことで景観を捉えていたと思います。比較的寄りも多く、フルやロングショットが多い印象のあったOVA版はその辺りも違った工夫があって面白かったですし、夏の質感とここなが手探りで新しい冒険に出かけている感じがよりOVAらしいリッチな雰囲気を滲ませていて、本当に素晴らしかったと思います。

f:id:shirooo105:20171030001249p:plain

ですが、そうした散策時の画面の広さに反して、とてもコンパクトな画面設計だったのがお母さんと一緒に入浴をするシーンでした。もちろん、登場人物の家の中なので、広く撮る必要はないのだと思います。また言い方は余り良くないですがここなの家の狭さも広く撮れない理由の一因にはなっているはずです。しかしながら、その狭さこそが今回のラストシーンを非常に情感溢れるものにしてくれていたとも思うのです。前述したように今回は風景を広く撮ることへの拘りが前へ出ていたと思います。しかしそうした画面構図・レイアウトが前半で多く使われたからこそ、ここなにとって大切な母との時間、密接な距離感をそのミニマムな画面設計によってより際立たせることが出来ていたのではないかと感じたのです。小さな湯船の中で身を寄せ合う親子の風景。それを近い距離で、ぎゅっと包み込むように撮るレイアウト。広角・魚眼といった広い風景では出せない種類の情感や優しさがこのシーンとカットからは強く感じられます。

 

またこのお風呂のシーンはBD付属のコンテ・脚本を読むと山本監督のコンテ段階で足されたことが分かります。ト書きにもお風呂に関して「(コンテに描いたものより)もっと狭くして下さい」との記述が見られました。もちろん、山本監督の意図としてどこまで「狭く」を意識されていたのかは分かりません。ただ単にモデルとなったアパートやこれまでの設定を鑑みて、そう記述したのかも知れません。ですが、私はその狭さにとても強い物語と映像の親和性を感じました。お母さんとの思い出を巡ったあとの、私とお母さん、二人だけの時間。そんなちょっとした幸せな時間を凝縮したものがあのカットだったのではないかと。

 

「どこに居てもお母さんとの思い出がたくさんあるから。だから寂しくないよ、お父さん」あの狭くて、近い二人を映したカットはもしかすれば、そんなここなのモノローグで語られた “寂しさ” を掻き消す証左にもなり得ていたのかも知れません。本当に素敵なエピソードでした。

おもいでクリエイターズ

おもいでクリエイターズ