『響け!ユーフォニアム』 12話の演出について、その反射する光の向こう側

なんて贅沢なフィルムなんだろう。そう思わずには居られなかった『響け!ユーフォニアム』第12話。それも幾度となく照りつけるような日本の夏を描いてきた京都アニメーションがここまで幻想的で艶美な夏を描いてきたことに驚きを隠せなかったと言いますか、もはや観ているだけで息を飲んでしまうその夏の風景の捉え方に私はただ茫然と見蕩れる他なかったのだと思います。

それこそ密会の如く校舎裏でセッションを奏でる麗奈と久美子。その姿と表情に反射する陽の光はまるで、懸命に今を駆け抜ける彼女たちへと贈られた祝福そのものであるようにも思えました。それもおそらくは足元から光が反射していたに過ぎない映像ではある反面、その光はさながら舞台上の彼女たちをライトアップするかのように久美子を物語の主役足らしめていたようにも感じられます。

そして夏の陽射しが作りだす校舎の影の中、ひっそりと個人練習に励むその姿を照らす光は、巧く吹けないことに焦りを感じる少女の姿をただ「美しい」と形容しているかのようでもありました。「好きだから」「上手くなりたいから」と、ただそれだけの理由を糧としてがむしゃらに走り出せるその真っ直ぐな視線にまるで恋でもしてしまったかのような映像美。それこそ、その美しさに名前をつけるのだとしたらまず間違いなく 『青春』 と名前をつけてしまうであろう程にそれは手を翳(かざ)したくなる程の眩しさに満ちていて。

先の見えないもどかしさ。不安。焦り。けれどそうした何もかもを覆すほどに “今、この瞬間” へと駆ける情熱が勝ってしまう映像の秀麗さ。むしろ、本来であれば校舎の陰で練習に没頭する彼女の不安を捉えればそれでいい場面に、敢えて光を反射させたのはだからだとも思うのです。例えるならばネガティブな感情とポジティブな感情のコントラスト、その境界に宿す生命力をこのフィルムはとても寡黙に映し出したかったのだろうということ。そしてそれは他でもなく、この物語が彼女たちに大きな期待を寄せていることの証左でもあったのだろうと私は思うのです。

くわえてまるでひっそりと離れた場所から久美子たちを見守るよう配置されたカメラの距離感。それも結局は、物語から彼女たちへと注がれた “期待の視線” に他ならなかったのでしょう。物語が「覚悟のない者は去れ」とでも云わんばかりの厳しさを滲ませる反面、この世界は彼女たちに厳しく当たるその理由をもきちんと明確に語ってくれる。厳しさは期待の裏返しであると。それでも彼女たちなら大丈夫なのだと。またそれは二人の奏でた音色が広大な夏の空へと反響していったように。想へば返る少年少女たちへの “優しさ” を、この作品はいつだって彼女たちのすぐ傍ににそっと添えてくれていたように思うのです。

またそれは「久美子ちゃんは月に手を伸ばしたんです、それは素晴らしいことなんです」と緑輝が語ってみせたこととも同義であると同時に、それは石原立也監督を筆頭としたこの作品を手掛ける全ての人たちの代弁足り得る言葉でもあったのだろうと私は考えています。


反射する光、反響する音、カッティング、レイアウト。それこそありとあらゆるモチーフが雄弁に語り掛けてくれるように。この作品にはそうして青春を駆け抜けようとする少年少女たちの背を映像という側面から力強く押してくれるという信頼と芯の強さがある。そしてそれは他でもなく、中川夏紀や吉川優子、中世古香織らの幕引きにこの作品が添えてくれた映像を観ても同様に感じとることの出来る “この世界の優しさ” そのものであった筈なのです。

まただからこそ、泣き叫ぶ彼女の表情にまたも月の光が反射すればその心意気は我々視聴者の心にも強く伝播し、淡く光る夏の夜にまた新たな夢を描き出してくれる。それも久美子の想いに同調するかのよう蒼く静かに燃え、彼女の変化の兆しをしっかりと照らし出してくれた月の輝きはやはり彼女に向け贈られた祝福そのものでもあったのだと思います。「悔しくて死にそう」そう語り涙を流すにまで至った少女に添えられた青春の輝き。人目も憚らず泣ける程に何かに対し情熱を傾けることが出来る。それは、とても素晴らしいことなんだよ、と。


そんな本挿話において描かれた二つの反射の向こう側に想いと期待を馳せつつ、来る最終話を今は心から楽しみに待ちたいと思います。