読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメにおける脚・足先描写の素晴らしさについて

アニメ雑感

昨日『NEW GAME』3話を観て衝撃を受けました。それこそあの挿話は全体的に観ても大変素晴らしく、キャラクターたちの感情の乗り方やその想いを映して描かれる細部の仕草への拘りが非常に色濃く出ていたわけなんですが、特にその中でもBパート終盤のベンチに腰を掛けてからの一連のシーンはもう溜息が出る程に凄く丁寧に描かれていたと思います。

友人と嬉々として話す青葉がどういう感情を芽生えさせていたのかということが端的に読み取れるフィルム。自分の好きな作品を語っている内にどうしようもなく楽しくなってしまうその心の変遷を、言葉ではなく彼女の仕草で表現することで、その想いが決して嘘ではないことを寡黙に伝えてくれる足先の表情。


それこそ四肢の表情づけって見た目よりもずっと大変な作業で作画的なカロリーもかなり高い難しいものですから、無理にそういうカットを入れる必然性って実はないんですよね。でも、ああいうカットを入れる必要性はあったりして、それこそ楽し気に語り合う会話と青葉の表情だけでは決して語れない彼女の“好き”の気持ちってあのカットがあるからこそ伝播するものであるはずだと思うんです。言葉だけで表現する“好き”より、自然と動いてしまう身体や四肢の挙動で楽しさや愛情を表現することの意味。それは私たちが日常生活を送っている中でも時に遭遇することの出来る感情の伝染に他ならないものでもあるはずで、むしろそういったシーンの積み重ねが物語へ感情移入するための切っ掛けにすらなっていくものなのだと私は思います。

そしてその仕草は時に憂いや寂しさ、悲しみの象徴としても描かれたり、女性的のものの象徴として可愛らしさや淫靡さをそれとなく含ませ描かれることも少なくはありません。前者で言えば特に素晴らしかったのは『アイドルマスターシンデレラガールズ』17話。赤城みりあ城ヶ崎美嘉とベンチに腰掛け会話をするシーンです。


妹のために色々なことを我慢しなくてはならない姉としてのちょっとした寂しさをその足先で表現したあの描写は個人的にもかなり良いなと思ったシーンで、あのカットがあるのとないのとではやはり彼女の心への寄り添い方も違ったものに変わっていたのではないかと思います。それもまだ幼さの残るみりあだからこそ、その感情は言葉よりその身体での表現を是とし、うまく伝えられなかった心のもどかしさをあの足先は言葉の替わりに私たちへと伝えてくれる上に、そうして訪れる余韻の数々はその心を想像する余地すらもしっかりと我々に与えてくれるのです。

そして女性的な表現としての脚と足先の表現。可愛らしさや美しさを結晶化したような女性特有のシルエットとその挙動はまさに男性である私の心を潤してくれる心のオアシスです。もちろんフェティシズム的なもの以外でも、音楽に合わせ描かれる軽やかなステップや足先の挙動を観ているとそれだけで楽しくなれますし、そういう描写に出会えただけでもう満足出来てしまうのだから面白いです。単純だなぁとは思いますけど、でも楽しそうにしている人を見ているとなんだかそれだけでこちらまで楽しくなってしまう感覚などもあるように、単純なことこそがやはりダイレクトに感情を伝える役割としてはとても優秀なんじゃないかなとは思うんですよね。

何より単純なこと、単純な動きであるからこそ、その動きや描写へ感情を乗せるとなればそこに割かなければいけないリソース量は必然と上がっていくのだと思います。そして、それは作画や影指定にレイアウト、色彩指定にタメツメにおけるコンマ数秒単位の拘りにまでことは及ぶわけで、その苦労を思うとこういう丁寧な芝居付けや作画には余計ありがたみを感じてしまいます。それこそTVアニメという媒体においてはその全てを拘り抜くことなんてそうそう出来ることじゃないわけですから、やはりどうしたってそうした目を見張るシーンがあれば心踊らずにはいられないですし、何度も何度も繰り返し観てしまったりするわけです。


もちろん、手先の描写なんかにも拘ってる作品はあって同じように素晴らしさを感じるわけですけど、やはり個人的には脚や足先の方に目がいってしまうのはどうしても否めず、だからこそ余計に記憶にも残りやすいというのはやはりあるのだと思います。他にも『血界戦線』EDのステップや『けいおん!!』20話や最終回の脚の作画と表現なんかかなり素晴らしいものがありますよね。そこにはアニメならではの少し現実より過大な、けれど確かに感情が込められていると読み取れる動きの数々が散りばめられていて、ああいう描写を観る度に「アニメって本当にいいな」とその素晴らしさをどうしても肌で感じてしまいます。


[参考記事] 『ご注文はうさぎですか?』の手の表情が素晴らしい

というわけで、少し長くなりましたが最後にどうしても紹介したかった脚・足先の描写をいくつか紹介してこの記事の締め括りとさせて頂こうと思います。こちらは『言の葉の庭』の一幕ですが、新海監督自らが「この作品唯一の濡れ場」と語るだけあって、この足先に漂う色気からは他の作品の追随を許さない凄みを感じます。他にも足先の描写などは本編でもかなり多用されています。梅雨アニメであると同時に足アニメとしても本当に素晴らしい作品だと思います。

脚アニメの権威『あいうら』。この作品の脚の描写とその作画・影づけに対する拘りは本当に凄いものがあります。健康的な女子校生の肉感を大事にしつつ、それでいてエロい。膝裏や脹脛 (ふくらはぎ) などの筋肉のつけ方、筋に対する線や影の寄せ方なんかはもう素晴らしいを通り越してなんだかもうよく分かりません。作品自体も大変素晴らしいですが、やはり脚アニメと言えばこの作品、というくらいにはかなりの脚密度だったと思います。11話で雨に濡れたソックスをさきちゃんが脱ぐシーンは永遠に語り継いでいきたいですね。

また上記でも一つ紹介したように『アイドルマスターシンデレラガールズ』もかなり足元を意識した作品になっていたと思います。主題歌で謳われていた 「10センチの背伸び」 の意味を模索するかのような作劇に、ガラスの靴、魔法といったモチーフの数々。そしてその魔法は 「自分の靴で今、進んで行ける勇気」 なのだと語るその意味の全てを作中では彼女たちの足元に託していたのではないかと思います。13話で渋谷凛が見せたあの背伸びはその象徴なんだと思います。またあのカットはあの年一番の足首作画でもあったんじゃないかと感じましたね。


その他にも素晴らしかった作品として『城下町のダンデライオン』4話なんかも紹介しておきます。脚・足先の名話としてこちらも語り継いでいきたい挿話です。

[参考記事] 『城下町のダンデライオン』4話の脚の表現について

最後にフォロワーの方が教えて下さった素晴らしい脚描写を紹介して終わりたいと思います。今年観た中でもかなり高いレベルの脚描写です。こういう仕草や描写と出会う度に感謝せずにはいられなくなりますし、そういった描写一つだけで作品の印象をも変えてしまう力を持っているのだから堪らないですよね。本当に脚・足先の描写が素晴らしいアニメって素敵だと思います。

今年も残すところあと半分ですが、今後も出来るだけ多くの素晴らしい脚・足先の描写に出会えるようにと今は心待ちに願うばかりです。